羽田国際線増便のことからMMT

このトピックの投稿一覧へ

なし 羽田国際線増便のことからMMT

msg# 1.3.1.1.1.11.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/15 9:18 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 488 オンライン
2020年3月9日に運用が決まった羽田・新ルートだが、コロナ禍で、
飛行回数が大幅に減っているが、ルート下の住民には大きな騒音被害をもたらせている。落下物の危険性も危惧され、ルート見直しを求める市民団体は20以上に上るという。
https://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=862
https://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=864


川崎市のコンビナート上空は、墜落の危険性から、国は1970年に飛行を避けるよう通知を出しているが、当時と変わらない状況でルート設定がなされている。

国交省は騒音の最大値を80デシベルとしているが、実際には品川で86、川崎で94を超え、電車のガード下の騒音に匹敵するそうだ。

国が住宅の防音工事費を補助する対象は航空機騒音62デシベル以上だが、1日の騒音の総量(ルートでは最大3時間となっている)が基となっている。

日本はコロナ感染を防ぐため159の国・地域を渡航中止勧告、入国拒否の対象としてきた。国際航空運送協会は、世界の航空需要が2019年レベルに戻るまで4年かかるとみている。


デフレが長期化し、MMTも叫ばれる昨今だが、羽田・新ルート下の住宅には防音化特区の助成金(調査費・設計及び工事監理費・建築工事費)が、大赤字が続く航空会社には国営化が必要なのではないか。
https://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=927
投票数:1 平均点:10.00

投稿ツリー

  条件検索へ


ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


スポンサー
  

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project