新宿御苑のお絵かき会から

このトピックの投稿一覧へ

なし 新宿御苑のお絵かき会から

msg# 1.3.1.1.1.5
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/11 11:22 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 488 オンライン
御苑でのお絵かきは
東京オリンピックの頃、
小学校の図工の授業で来たのが最初だった。

今は半世紀以上経過して、
様々な木々を描くのに好都合だ。
自然との一体感も享受できて
大変有効な時間を過ごせる。

描法上の一般論もいろいろだが、
例えばレバノンシーダー、赤松、ユリノキ
それぞれに色彩形態特徴に違いがある。
樹形はややもすると丸に棒、
遠景になると特にその傾向となる。
https://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=39

樹種に応じた描き方を心掛けたい。
今の世の組織に通じるところを感じる。
小さな森ばかり見て木を見ていない。
投票数:10 平均点:4.00

投稿ツリー

  条件検索へ


ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


スポンサー
  

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project