■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

監獄の門から> Re: 監獄の門から>村上から>火星移住計画

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 | 投稿日時 2018-11-3 7:50 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 365 オンライン
中野区で監獄の門を学校敷地に残すべきか否か。
どのように残すのか、大変もめているようです。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=825

区長が交替したばかりで、
今後どうなるのか・・・。
他でも同じ過ちを重ねてきたようですが、
こうした財産の文化的価値、歴史的価値、教育的価値の深さを理解できる人間は少ないので、
日本式多数決主義の決定方式では、決定の仕組み自体が、
その内容にそぐわないのだと思っています。
監獄の門が学校にあることは、
極めて高度の教育的価値を生むものと考えます。
特にいわゆる思想犯の監獄であればなおの事です。
このような文化財を簡単に取り扱うようであれば、
この国ちっとも進歩がないということです。

オリンピック誘致国の決定会議のように、
決定権者どうしが、十分議論し合うことが大切だと思います。
拙速な決定とならないように祈念しています。



私は豊島区に入区する直前、
杉並清掃工場の監理を担当していました。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=246
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=801
この仕事ののち光が丘の清掃工場をということになりかかり、
川上業務から入りたかったので、区役所に転向しました。
当時は、熱還元施設などを、区の営繕が担当して造っていたのです。

光が丘ではその後団地や公園も整備され、
2007年11月には、現在の任意団体「ねりま光が丘地域力活性化プロジェクト」が立ち上がりました
住宅団地だけでなく、周辺地域と共にまちを活性化していきたい、という理念のもとに立ち上げ当初からイベントを開催しています。 毎年3月下旬には「音楽アート&スポーツ祭典 ねりま光が丘Cherry Blossom Festa」、12月には「光アート祭典 ねりま光が丘Hikari pagent festa」(2013年〜)、 8月には「サマーフェスティバル」(2016年〜)と年間3回のイベントを実施しているようです。

イベントの実行委員会は、1年前から光が丘公園のスケジュールを抑える。1つのイベントが終わると、すぐに次のイベントの出店者、ステージ参加団体と連絡を取り始める。屋台の業者から出店料をいただき、公園の賃借料や特設ステージの設営,広報の費用に充てている。イベントの2か月前には業者との打ち合わせ、出演者説明会などを行い、ステージ設営や機材の業者とも調整。

地域の人たちは、地域のまちづくり活動を継続していくには、人、場所、資金、時間、知恵…色々なものが必要。今年度には、「ねりま光が丘地域力活性化プロジェクト」はNPO化する予定。NPO化することにより、社会的な信用を担保し、行政や民間企業との交渉・連携が対等にできることを期待している。法人化することで、さらに担い手の輪が広がり、活動が継続していくことを願っているそうです。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=50



本日は平成最後の文化の日です。

先月19日〜21日、村上・酒田などでかけてきました。
村上は、官に全く世話にならないで、まちを活性化させてきました。自治の原点のようなところです。
黒塀の街、庭を掃いているおじさんが、我々旅の一行に村上の文化的価値、歴史的価値、教育など滔々と語りかけてきたことには驚きましたが、
大切なのは数値主義より民族魂です。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=675

私は良い建築があることからまちができると考えています。
道路やインフラじゃあないんです。
昔の寺は山を背(山の木でつくった)に道もないところにつくられ、
神社はとんでもない崖っぷちに(砦として)つくられ、
現在も地形的(だいぶ人間の勝手で浸食されましたが)にはそんなところです。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=793



名建築もさることながら、魂が入って大切にされる建築をつくり残すことの重要性をしみじみと感じています。
バッサリと切ることの負の側面を考えてほしいことが多い・・・。
とにかく日本式の多数決主義、経済優先主義については、
特にしんがりを行く人たち(これからのシュリンク都市をデザインしてゆく人たち)に再考を求めていると言えます。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=757
投票数:1 平均点:10.00

なし Re: 監獄の門から

msg# 1.3.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018-11-4 11:22
亀井天元  長老   投稿数: 365 オンライン
先日 、村上・酒田・鶴岡・天童・新庄・山形の研修旅行から帰ってきました。

一昨年の弘前・黒石、昨年の岡山・倉敷につづく
JIA建築交流部会の旅行です。

東京の繁栄の一方で、地方の厳しさ感じざるを得ない旅となった。
一方、歴史や文化の豊かさを感じることができた。
東京は東京砂漠ともいわれる状況もあるわけですが、
田舎のある人はそれぞれ郷土の誇りをもって生きているようです。

私のように田舎を持たない人は
東京に田舎空間をつくる。
あるいはどこかに自分の田舎空間を持つ。

東京砂漠で生き延びるには・・・。
投票数:1 平均点:10.00

なし 村上から

msg# 1.3.1.1.1.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018-11-4 12:35 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 365 オンライン
今年は10月19日〜21日、

一昨年の弘前・黒石、昨年の岡山・倉敷につづけて、

村上・酒田・鶴岡・天童・新庄・山形を見てきました。

地方の実態を肌で感じる旅ともなりましたが、

一方で、地方の文化や歴史を大事に

独特のまちづくりも進んでいたことに驚きもありました。



鶴岡市民会館も、目の当たり見ることにもなりました。

今後10万足らずの人口で支えるのは大変だと思うような建築でした。

国費投入がなければもたないでしょう。

鶴岡駅は半世紀前私が住む府中の分倍河原駅とさして変わらぬ乗降客数でした。

改札を含む駅のボリュームや駅前広場は比べ物にはなりませんが、

乗降客数、半世紀前と比べて今は7分の1、一方分倍河原は10倍となっています。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=831

そのような状況にも係わらず庄内地区の民族的な心意気が底支えしていることを感じます。

分倍河原は30年間手も足も出ない。



新庄の今和次郎建築も見ることができました。

今建築は2棟だけで、そのうちの1棟だそうです。

建築家たちの訪問ということで、突然の夕刻の事態にかかわらず、

施設(雪の里情報館)担当(普段は案内などを担当してない)が、

館内案内や展示物の説明を熱心にしてくださいました。 

そして帰り際には、夜景の建築を、全館の照明をつけて、

見送っていただきました。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=827



このような職員が

厳しい地方の自治を支えていることを実感しました。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018-11-5 6:28 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 365 オンライン
建築家協会のすぐ隣に新国立競技場が立ち上がってくる様子を
隔週ぐらいで5階の窓から目の当たりにしています。


東京都、国も東京がオリンピック開催地に採択されたとき、お金かけないということでした。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=717
マスコミ報道によると、すでに予算額をかなり超えているとのことです。
なんでも、関連事業でお金を使っているようです。
ちなみに五輪経費について、
2017年12月の時点で1兆3千5百億円としていたが、
すでに2兆8千億円に膨れ上がっているそうです。
国はすでに8000億円支出(当初1500億円負担予定だった)
したことが会計検査院の調査で判明している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018103000404&g=pol
https://e-book-info.com/tokyo-olympic-costs-over-800-billion/

豊洲問題も恣意的に大きくなった話ではなかろうかと感じる節が相当あります。
昔は都庁の技官級が工事監理してたのが、
最近は民間委託。
ついに責任の所在があいまいなままとなりました。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=745
これで時間がたつと忘れられるということでしょう。
そうこうして使った莫大な経費も皆都民の税金です。
東京の虚構の繁栄というか、
この国とんでもないことが起こっていることを感じています。
この国は、どこかがおかしくなっているようです

新宿プロムナードの楽美展
24年間続けてきました。
あそこがもうすぐ閉鎖となるのですか!
良いスペースと思いましたが、閉鎖の理由は・・・。
都の外郭団体が運営してるようですが、
文化活動の拠点となりうるものがどんどん縮小される。
物の損得だけで結論が出される世の中になってきているのは、逆行そのものです。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=113
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=118


この国がかつての悪い方向に振れないように願うのみ。
過日の旅行で、 村上・鶴岡・酒田・新庄・天童・山形
すべて違うのが良かった。イモ煮汁も日本海側と太平洋側で
全く違う。酒はどこも違ってうまかった。
どこも地域郷土のそれぞれの歴史と誇りを感じる旅でした。
特に村上、官に頼らず民間力で頑張っていた。
そのことが思い出されます。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=850

中野区の平和の門が社会問題化していますが、
新区長の頑張りに期待がかかります。
投票数:3 平均点:10.00

なし 火星移住計画

msg# 1.3.1.1.1.4
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018-11-11 8:33 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 365 オンライン
小池さんは、
東京が稼ぎ続ける絵を描いてますがね。
そんなことが続くわけないでしょ。
しぼんでるのですから。
次々に移ろい変わる。
諸行無常の響きあり。
世の習わしです・・・。

東京の少子高齢化問題は、
今後地方の比ではなくなる。膨大なストックものしかかる。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=98
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=199
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=410
大変なこの世にならんように、がんばりましょう。
だけど日本沈没の構図に必死であがいている。
それだけの、
みるも無残な醜い絵は嫌ですね。

間もなく国の境がなくなるのだと思っています。
GATTもすでに懐かしい言葉となりました。日本は1955年に加盟しています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E7%A8%8E%E5%8F%8A%E3%81%B3%E8%B2%BF%E6%98%93%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%80%E8%88%AC%E5%8D%94%E5%AE%9A
小学校の担任が社会科の授業で大変強調して教えていた顔が今でも思い浮かびます。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=815
関税、そんなものがあったようだねの時代が来るでしょう。われわれがもういない頃かも。

しかしさほど先でもない。
NASAは本気で火星移住計画に人もの金を投入してるんですから。
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/03/0326.html
そして、衛星利用測位システム(GPS)や衛星を通じた通信ネットワーク、偵察衛星など、現代の軍事・防衛システムと宇宙空間の利用は切り離せないものになっています。
つまりすでに地球を取り巻く宇宙に国境はありません。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018-11-11 11:22 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 365 オンライン
御苑でのお絵かきは
東京オリンピックの頃、
小学校の図工の授業で来たのが最初だった。

今は半世紀以上経過して、
様々な木々を描くのに好都合だ。
自然との一体感も享受できて
大変有効な時間を過ごせる。

描法上の一般論もいろいろだが、
例えばレバノンシーダー、赤松、ユリノキ
それぞれに色彩形態特徴に違いがある。
樹形はややもすると丸に棒、
遠景になると特にその傾向となる。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=39

樹種に応じた描き方を心掛けたい。
今の世の組織に通じるところを感じる。
小さな森ばかり見て木を見ていない。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project