■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

公共の仕事、今後は・・>[営繕(施設)職員・指定管理者制度・1206・設計ダンピング・駒込福祉作業所・菊かおる園・メタモルフォーゼ・ヘルスケアデザイン]>営繕消滅か?>逓信から郵政建築へ>告示15号へ>デザイン2050>祇園から>CO2論議>とんでも>ano

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 | 投稿日時 2006-10-24 19:31 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
いさなと仲間達

設計者にとって、公共建築物は、その設計料は、民間に比べ割安だが、仕事の手離れがよいとされている。しかしながらその底支えをしてきたのは、営繕職員だったことはあまり知られていない。指定管理者制度の導入により、このあたりの事情も大きく変化があろうかと思われるが、このほど1206号が久々に改正されるとのことで、まずこの辺の諸事情に触れてみたいと思う。

もともと公共建築物は、困ったことですが、そのクライテリアがあいまいなことが多い。発注するときにいた人が、出来上がったときには別のところに移っていることも多く、つまり発注側に一貫性がないわけです。設計者にとっては大変やりにくいところだが、あまり考えずに、ざっくり仕事を終わらせるむきも少なくはない。こうした内外事情の付けがやがて営繕職員に回ってきていたのである。当初から加味されていれば、設計費、工事費、人件費と、トータルコストは大きく削減されていたことです。

営繕(施設)職員にもいろいろなタイプがある。粘り強く追求(今では残念ながら非常に少ないようですが、形而上の領域にまで立ち入り、自らスケッチを起こし設計監修する。)するものがいるかと思えば、そつなく仕事をして終わり(いえもり意識すらゼロ)という事務処理タイプもいる。内部的には、寂しい事ながら、摩擦を起こさない、後者が高く評価されており、このあたりが、一般的な公共施設の質の低下につながっている。設計者もどちらのタイプにも合わせなければならないわけだから楽ではないが、こちらも、とことん営繕職員と一緒に設計していくタイプと、営繕職員はお客さんとしてクールに接するタイプもいるわけである。どちらの立場であれ、熟達者ともなれば、仕事の内容(設計のクライテリア、委託仕様)と条件(設計料)により、両方の立ち回りが要求されるわけである。http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=110

このような状況下、1206号(設計料を規定する国の告示)がどうなるべきなのか、耐震強度偽装の問題などがどのように影を落とすのか、興味深いところで、このフォーラム、この後の論客の登場に期待するところである。このあたり、N大学の故O教授が得意であったが、現在はJIAのS氏、H氏 はじめ、大物鯨の面々が居るのだが・・・それ以前の低次元の問題、設計ダンピング http://www.jia.or.jp/nyusatu/index.html
等の話で忙しいようで・・・。

S氏の話では、役所は低額設計を業者に押し付けており、この傾向は都より区部はひどいとの事です。確かに施設関連の職員でも、「いちにーまるろく」といっても何の事やら分からない低レベル職員というか無関心職員もいるので、既に建築を文化として考える役人はいないのかもしれません。JIAによると、設計監理料は工事金額の10パーセントから15パーセントで行う会員が多く、1206号によると、もっと高い額になるとの事です。先日、文化庁の保存修復工事級の仕事(大変手間のかかる設計や報告書の提出が伴うようです。)をした後輩の大学での講演で聞いた話ですが、その時の設計監理料は20パーセントだと言っておりました。もっとも作業や業務の報酬規定は理解できますが、独創や芸術、設計情報の部分は、その報酬は作家が自分で決めること(無報酬も含め、受け入れられるかどうかは別ですが、作家が生まれてからの全てが創造の原資であり、天文学的な値段になっても不思議じゃあないわけで、・・・)じゃあないのかなぁ。その仕事の文化度とのバランス(これも作家が判断するところ)もあるわけだし、建築家(作家)自らの懐具合(こんなことは勿論作家自らしか判断できない)もあるわけ。この辺の話になると、建築家でも業務に漬かりすぎのいささか日向くさい方々にはぴんと来ない向きもあるようですが・・・。

冒頭の話に戻りますが、山の手線の外側、巣鴨と駒込の間の線路近くに駒込福祉作業所があります。ここもまもなく指定管理者が運営管理するようになるようですが、実はこの建築の前面、側面のガラスの屋根は、いさなが13年程前に設計監理したものです。施設(過去に委託設計監理されたものと思われる。)の利用上、ひさしがまったくなく困ったことから生まれた仕事だったのです。勿論、小規模ながら、雨水の利用と浸透、都市緑化についても考慮してあります。この件については、以下のトピック資料(模型が古くなり、一部へこみ変形したこと、お許しを)ご参考ください。実物は今も現地にて健在です。
http://www.next-city.com/main/uploads/img453edfe865794.jpg

http://www.next-city.com/main/uploads/img453f1ed2b7cb6.jpg

http://www.next-city.com/main/uploads/img453f1f316163f.jpg

http://www.next-city.com/main/uploads/img453f25ac92d81.jpg

http://www.next-city.com/main/uploads/img453f25cbdc976.jpg

本来、設計ダンピングの問題は、仕事を受ける側と頼む側双方の問題で、この国の文化に係わる重要な問題です。頼む側の管理監督者に、JIAのような団体を、単なる圧力団体としてしか見ないで、係わろうともしない人が居る事は、全く悲しいこの国の現実です。

公共空間も、財政難になってくると、どんどん経営と経済の論理に押し流されていくようです。隙間があると何か建ててしまうという事が、いっこうに改善されないのも困った問題です。
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=130

(参考)旧国立公衆衛生院跡地再生・・・
http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=14 

豊島区西巣鴨2丁目30番街区の「菊かおる園」は、いさな達が全力投球した仕事でした。いさなはこの高齢者ケアハウスのデザインその他[アトリエつき住宅(東村山・ヘルスケアデザインほか)、旧中山道のまちづくりの試み(豊島・おめでたい、お宮と御神輿から中山道待夢の看板をデザインし、ファサードを設計。これをモチーフに商店街も提灯を出し、街路の活性化を促進。お年寄りの原宿とも呼ばれる商店街は現在庚申塚あたりまでもが賑わいを呼び、豊島区一の売上高を誇る商店街となっている。http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=109
)]で、大学(芝浦工大・江崎玲於奈学長)賞も受賞。 
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=168
http://n.ashitane.net/%E8%B1%8A%E5%B3%B6%E5%8C%BA/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD
この建築(菊かおる園)は樹木(その生命力)のメタモルフォーゼ
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=104

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=103

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=79

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=67

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=69

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=83

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=62
(ヘルスケアデザイン:ユニバーサルデザインやバリアフリーを包含し、より積極的に健康を促進するデザイン⇒健康デザイン)で設計(イメージ)デザインしており、当時仕事の後、建築学会の委員会に出席し研究しながら、猛烈にイメージスケッチしていたものです。一般に委託設計には、機能は盛られてきますが、イメージがないので、そこは担当として補ってゆかなければならないわけです。もっとも当時の学会の委員会では、機能性など計画学的の方向性を目指していたようで、この点いさなデザインのヘルスケアデザインとはいささかねじれていたようでした。
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I4742765-00
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=121
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=122
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=49
後になって感じるところとなりましたが、まあ建築家協会と建築学会の違いのようなところかもしれません。2008年からは、設計についても学会で発表できるとのことですが、・・・http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=33

一般にも建築の直接的な機能は受け入れやすいところです。菊かおる園の場合も、当初、作業療法室(特養棟1階)の天井にゲーテ理論と言うか、神秘的な色彩を現していたのですが、竣工間際に施設の療法士さんなどの意見により、普通の白い天井に直すこととなり(反射で、顔色がわかりにくいとの事でした)、白色のビニールクロスが貼られました。今でも天井の白いクロスの下には、「命、霊、魂」の輝きを秘める円形の発色面が隠されていることとは思います。居室(特養棟)の壁面に取り付けた木製の大型フックは、ほとんど通常のフックの位置には付いておりません。これについても、フックと言うものを、そのものだけの機能でしか理解できない人には、この壁面に付加されている価値がわからないようでもあります。このことなども、建築を、その一部を、限られた機能として受けとめる傾向が一般にかなり強いことを示しているように感じます。やはり小学校教育などで、心眼をもって建築を学ばせないことのつけが回ってきているように思われます。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=211
http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=32&post_id=138&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=6#forumpost138

最近、商品化したヘルスケアデザインをカタログなどで見かけますが、イメージの商品化は、いろいろなデザイン商品で試みられるところなので、異論はありません。便利なものを使うのもよいと思いますが、建築家としては、採用するにしても、ちょっと待てよと一度落ち着いて考えてから決める必要があるものと思います。ここで商売人になる向きは論外ですが、イデオロギーなりコンセプトとマッチするのかといったことです。こじんまりしたスマートさに流されることがないように、立ち止まれる実力をつけておきたいものです。フランク・ゲーリーの自邸などのような建築もあるのです。
http://spysee.jp/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC/15859

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=79

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=83

シュタイナー文献には、人間の機構を次のように観察しています。すなわち、神経感覚系と代謝四肢系はたがいに正反対なのです。代謝四肢系が活発になると、神経感覚系は崩壊します。そして、その逆もまた成り立つのです。このこと、ならびに他の多くの事柄が対極性を証明しています。自我を構成しているすべてのものは神経感覚系と密接に結びついており、エーテル体を構成しているすべては代謝四肢系と、アストラル体を構成しているすべてはリズム系と密接に結びついているのです。そして、肉体は全体に浸透していますが、他の三つの構成部分によって絶えず征服されています。このように観察してはじめて、人間のいわゆる正常なプロセス、異常なプロセスについての洞察を得ることができるようになると述べられています。(医学は霊学から何を得ることができるか より)

「シュタイナー文献を読む手がかりは」へ⇒
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=62

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=54

http://www.ishiyaku.co.jp/search/details_1.asp?col=jobun&bookcode=215240

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=24

http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=14&post_id=43&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=1#forumpost43

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=137
菊かおる園の話に戻ります。特に施設の方々の機能回復訓練の場として、隣接する児童館や幼稚園の子供達とのふれあい効果も重視し、児童館前のアプローチと間の区道(幸い限られた車しか通過しない道路)路面の模様を合わせ、真っ赤(生命を感じさせる色彩とされる http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=37&post_id=154&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=1#forumpost154
)なサッシで広場を囲い込み(水禽窟も忍ばせ、藤棚で包み、安堵感から来る安らぎを創出)、外部でありながら内部空間を創造するなど、空間として周囲を広場の一部に取り込む努力をしました。建築は世界を内部/外部というふたつの部分に分け、分けると同時に結びつけているわけです。文化記号論の中で一番基本的なカテゴリーである「内」と「外」の対立と言うわけで、建築をこのふたつの部分の関係づけとして、経験するわけです。内部と外部に世界を分節することは、自然を文化に変え、世界を人間化することだといえます。建築はもともと、こうして世界全体を自然のままではない「意味」にひきいれる働きのはじまりだったのです。http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=128
家をつくることは天地の創造を記号的に繰り返すこと(ミルチァ・エリアーデ説)ともなるのです。赤いファサードの建築的要素は、建築が記号として経験できる事例ともなっているわけです。建設途中、ケアハウス棟1F喫茶室のサッシ取り付け直後、未だ額縁も付いてない頃、誰の進言によるものかはわかりませんが、当時の区の建築部長が現場に駆け込んで来ました。そして全体を観るでもなく「こんな真っ赤なサッシにするなんて」とはき捨てた一言は、数十億円の公金の執行権限を持つ要職にもあるまじき、全く悲しい建築観の低さを露呈したものだったのです。この件にはとにかくがっくりとしたものでした。残念ながら似たようなことは続くわけで、今後も続くでしょう。しかし、その後、建築評論家の植田 実氏に観ていただいた折、(委員会で2、3度お会いしたくらいでしたが、住宅評論の大家が特養にまったくよく来てくださったことでした。)ケア棟特養棟といろいろとご覧になり、最後に外部の内部である広場に来たときに、児童館側のどんこ屋さんに打ってもらった真っ赤な窓飾りとサッシ(いさなデザイン)の写真を1枚、使い込んだ一眼レフでパシャリとして、すべてを見通されたまなざしで、実ににこっとしてから、例のリュック姿で、赤い実のなるマンサクの街路樹に沿って飄々と帰って行かれた後姿がいつも思い出され、自らの慰めともなっております。(その後の保守工事でなぜか取り外されています。) http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=109
着工後、区が購入した隣接敷地も、貴重な都市の庭(広場)として、限られた予算で、大変苦労して整備しました。[北西の一角には「お休み処」と銘打って、地域や施設の人たちがほっとできるような都市のDENとしての一隅をデザイン(ヘルスケアデザイン)し、草の種をまいて緑を整備し、土管利用の遊具を設置:その後この敷地には別の施設が建設されました。]もともと敷地内に残っていた樹木はほとんどすべてそのまま、ないしは1回だけ移植することで残しました。かつてこの土地は、個人の別荘敷地5600坪の一部でした。明治女学校が火災によりこの地に越してきた頃は、まだまだ一帯がクヌギ林だったそうです。今は、幼稚園・児童館の前に明治女学校の碑が残っています。そんなわけで、この建築は、北西かどの樹木(切り株からわずかに緑の葉が芽吹く)からつた状に繁茂する樹木の魂の力強さ、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000000-agara-l30.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000000-agara-l30
メタモルフォーゼ表現・ヘルスケアデザインとなっております。樹木のメタモルフォーゼが植物のもつエーテル体と、そこへ働きかけてくるアストラル的なものへのアプローチを可能にします。http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=66
http://www.youtube.com/watch?v=v9lCyuvf3FE
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=78
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=290
ずっと伸びた南東かどで、クジラの潮吹きのごとく、再び緑の葉となって現れいずる元気のよい生命感を表出しています。エントランスのキャノピーも、以前からこの地にあり、やむなく伐採処分したヒマラヤスギのメタモルフォーゼで、ホールのむくりのある丸柱はじめ、施設内部にも各所に同様のコンセプトによる空間づくりが施され、銅の金属溶射や,木炭の活用などによる空気浄化のヘルスケアデザインも施されております。ケアハウス棟の北側に敷地内既存樹を移植寄植えした一帯は、せめてかつてのクヌギ林[予算が許せばクヌギを2〜30本植えたかったのです。いさなの原風景、樹木の魂です。
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=125
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=116
忍び込んで遊んだ東京女子大(善福寺)の森、芝生と築山、レーモンド建築・井の頭公園の下池や荻窪公園のクヌギ林・日本古来のヘルスケアデザイン、幼少期を過ごした総檜造り、切り妻屋根と銅版の雨どい、広縁のある、今もどなたかに使用されている築45年の現代和風住宅(吉祥寺東町2)。]を偲ぶもので、夏の暑い時期には、建物周りを歩いて、スツールで一休みの出来る、気持ちのよい空間でもあります。適当な空間の広さゆえに周辺のコミュニティーにとっても入りやすく通りやすい、都市の庭(広場)として機能してきたわけです。〔未来都市フォーラム⇒東京フォーラム⇒都市ストックの活用と木造建築の可能性(府中市朝日町1丁目24から) 参照http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=20&forum=1&post_id=94#94 〕
施設と道路を挟んで南側の東大寮は、菊かおる園竣工から数年後建て替えられたものですが、塀を取り払い、こちらのホームの部屋からも眺められる屋上緑化を付すなど(もともと食堂から寮の緑が眺められましたが、改めて園にとっては借景のヘルスケアデザイン)、いさなの高校の先輩にも当たる内井昭蔵の遺作ともなった仕事で、この地域のよさをを十分租借された無駄のない仕事です。http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

しかしここ数年、園の方の庭はほっときっぱなし状態で、特に北側の野草の広場は、どこからともなく持ち込まれた赤土の残土が無造作に山をなし、開園当時の野草や菊の園も見る影もなく荒れ果て、今回の増築話があるというのは、やはり施設経営から自治体が引いてきていることに起因するものなのでしょうか。

この地に安易に施設の増築計画が進んでいるなんて、山口文象が率いた設計集団も、ものわかりのよい普通の会社となったのかなぁ・・・。真の依頼主はユーザーとコミュニティーである事を強く認識していただきたいものです。 http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=69

空間があるとすぐに何かを置いたり建てたりするのは困ったものです。今後減築の時代に入り、いかに有効な空き地の空間をデザインするかが大切になります。対象を自然に見るには対象の大きさ、高さの2倍くらい離れる事はよく知られたことです。絵などを描いていると、小さいものから大きなものまで、このことが実感できます。建築でいえば、インテリアから超高層までこうした尺度感覚が大切です。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=49
投票数:281 平均点:4.63
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 12:55
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:290 平均点:5.21
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 17:42
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:304 平均点:5.53
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 17:43
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:234 平均点:5.43
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 17:53
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:303 平均点:5.48
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 17:55
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:276 平均点:5.04

質問 ガラス庇設計図(3)

msg# 1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 17:56
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:246 平均点:5.61
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-10-25 17:58
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:292 平均点:4.79
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006-10-25 18:00
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:271 平均点:4.61
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-1-29 12:45 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
まあ、今後の事業主体は、官から民に移行していくわけですから、
なおさら、より広域的な視点で事業を自由に見てゆく姿勢が大切になっていくものと思われます。老健福祉施設の件で言えば、練馬区の、旧「すずしろの郷」の利用法人への整備費補助(1・25東京新聞)や、品川区の、学校施設の有効活用の事業者募集(1・25日経新聞)など、溢れるほどの都市ストックの中、いくらでも材料、切り口はあるわけです。

http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=20&forum=1&post_id=94#94

http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=24

過去65万年の、この地球の歴史の中で、とてつもないCO2発生量となっている現在、よほど価値ある建築(文化度が高いなど)以外は必要ないわけで、単にCO2を増大させるだけの建設行為(スクラップアンドビルド)は、そのまま人類の破滅につながる危機に直結することを、一人ひとりが強く認識すべきです。現在のCO2の増大はそのまま地球温暖化?を増進させ、極域やグリーンランドが溶け(すでにどんどん溶けつつあります。)、海面の急激な上昇により都市の多くが海面下となり大変な混乱を招きます。このところ増えている鶏の死亡、早咲きの梅も無関係とも思えません?。

http://www.youtube.com/watch?v=N5DGsOUtv3s&feature=related

http://www.futsugou.jp/

http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=24
投票数:252 平均点:4.40
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-2 20:14
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
このところ新聞などでも地球温暖化などについていろいろ述べられている為か、少しはこのHPがボデーブローで効いてきたのかは良くわかりませんが、久しぶりに用事があり「菊かおる園」の周辺を通りましたところ、なんと驚いたことに、荒れていた庭にかなり手が入っておりました。プロの仕事でなく何かほのぼのとした仕事振りにかえって親しみが感じられるものでした。しかし何せ数千平米にも及ぶ庭です。ポイントをたがえないためにも、要点はプロに委ねていただき、水琴屈まで忍ばせたヘルスケアデザインの都市の庭を、いつまでも地域に愛される絶品の環境で保全していただきたいものです。

この「菊かおる園」が完成する以前、このあたりは万年塀と古家で、昼なお薄暗い場所でした。施設の完成後は周辺が次々建替整備が進みました。わずか10年で見違えるほどの地域環境が誘導整備されています。たった1つの公共建築はそれだけ地域に及ぼす力が大きいのです。管理主体がどのように変化しても、関係者はこのことを肝に銘じて公共建築の建設や維持管理保全にあたるべきです。
投票数:220 平均点:4.50
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 17:34 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
http://www.next-city.com/main/uploads/img4607851ef322b.jpg

竣工時に、ケアハウス棟1階談話室(喫茶室)内北側壁面に額装展示し引渡す。
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I4742765-00
投票数:240 平均点:5.29
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 17:50 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
http://www.next-city.com/main/uploads/img460786b0d2589.jpg

ケアハウス棟北西角(園庭)
切り株から芽吹き(グリーン、SM金属溶射の上銅発色仕上げ)、
ケアハウス棟西面及び南面、特養棟南面のスチールワーク(SM金属溶射)のファサードへ連なり、特養棟南東蔓状の端部(グリーン)に至る。
切り株自体はコンクリートと鋼板曲げ加工のみで表現した。特に鋼板は観る位置でボリューム感が変わる。
スチールワークも樹形表現となっている。非主構造ではあるが、鉄骨の架構に対し、バランスラーメンとして作用する。
足下の水禽窟、藤棚のしつらえ、クリスマスツリー(ドイツトウヒ)、
ケアハウス棟を囲む明治女学校の碑、ヘルスケアデザインから考えたくつろぎのの庭(花壇、木陰のスツール、子どもの居場所)などが呼応し、
地域に新しい感覚を付与することとなっている。(第3回相田武文記念賞受賞)
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I4742765-00
お出かけの節は、ケア棟1F喫茶室をご利用ください。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=114
投票数:226 平均点:5.27
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 17:51 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
http://www.next-city.com/main/uploads/img460786f66c639.jpg

ケアハウス棟4階北側テラス
4階吹き抜けカーテンウォールのガラス越しに

ケアハウス棟3階娯楽室北側テラス
娯楽室(和室)から窓越しに
投票数:236 平均点:4.75
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 17:52
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
http://www.next-city.com/main/uploads/img4607873367eba.jpg

ケアハウス棟4階北側テラス東面外壁上部
4階吹きぬけカーテンウォールのガラス越しに

特養棟デイケアセンター介助浴室南側光庭
介助浴室南窓越しに
投票数:228 平均点:4.12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 18:04
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:217 平均点:5.02
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 18:05
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:260 平均点:5.65
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 18:06
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:243 平均点:5.23
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-3-26 18:08
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
投票数:215 平均点:4.60

質問 菊かおる園のその後

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2007-6-7 12:54 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
昨日、久しぶりに西巣鴨の方に行く機会があり、
菊かおる園周辺に立ち寄りました。
なんと驚いた事に、
大変ほどよく整備されているのです。
北側の野草の園も、見違えるように元気な草花が茂り、
野趣の感じられる心地よい空間でした。
さらに驚いた事には、かつて予算が無くて、
ピンコロ石で造っておいた植え込みの縁石が、
なんと曲面磨きだしの御影石になっていた事です。
特養棟の方の一部を移設したようでしたが、
使用者の保全努力が感じられました。
花壇などには、子どもスキップ西巣鴨・豊島みどりの会として、
「この花だんや畑は地域の人といっしょにわたしたちが作っています。」
との表示がされておりました。
どうやらエリアマネジメントの核がここに発生してくれたようです。

移植樹木の根回し開始
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?viewmode=thread&topic_id=4&forum=1&post_id=104#104

今後が大変楽しみとなります。

移植樹木のその後と市民参加の原点など
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?viewmode=thread&topic_id=4&forum=1&post_id=127#127

その後、利用にあっての注意なども掲示されるなど、豊島区、池袋保健所、菊かおる園などの管理が行き届いているようです。
投票数:246 平均点:5.93
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-5-23 18:09 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
いさなと仲間達

中野区では、区立療養センター・アポロ園の老朽化に伴う移転・改修事業で、CMr(コンストラクション・マネージャー)を公募するとのことです。

国交省のモデル事業だそうですが、
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=189

中野区もインハウスアーキテクトがいないんですなあ。
勉強(ベクトルの向きが違ってしまった)する若者が
いないもんねえ。原因はいろいろ考えられますが、
深刻な話になってしまいます。腹も立ってきそうなので、・・・
笑いのちからで吹き飛ばすしかないね。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=39

まあ「ライトの遺言」あたりから始めたらいかがでしょうか。
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=155

昔の官公庁営繕の姿はもう見られない状況なんでしょうかねえ。
これも市場化テストの流れなんでしょうか。
http://www5.cao.go.jp/koukyo/index.html
豊島区新庁舎整備方針(案)示されるが、・・・
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=170

情けない話です。

⇒その後
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=39

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アポロ園は、知的障害児、肢体不自由児の通園施設。
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/019/d04200012.html
改築予定地は江古田4丁目。
延べ面積は約1千平方メートル。
想定工事費は2億9千万円。
今年7月に基本計画の策定に着手。
2010年3月竣工予定。
CM業務の範囲は、
基本設計、地盤調査、建築設計、
工事施工から竣工に至る全工程の建設管理となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

物を造ると言うことはすべてのものに造る方の意識と意志が入ります。それを製作する人、扱う人がそのものの波動と同調できないと扱えないのです。これはある食器の説明に出てくる言葉ですが・・・。

       http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap080523.html
投票数:228 平均点:4.17
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-9-11 22:28 | 最終変更
新シティー    投稿数: 68
この国の、歴史のある「営繕」の言葉すら消え去りかけている。
所詮自由航海団、頑張ってもいさな。
放水銃を浴びせられ「すべてよし」で見事な最期を迎えることができるのか。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=77
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=74
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=9
http://www.next-city.com/main/modules/d3pipes/index.php?page=clipping&clipping_id=615

施設?、しかも総務などに位置付けられ、
どうもこの傾向は全国的のよう。
大学や企業部門でも同様である。
発注の仕組みが創造の過程であることが理解されてない。
経済を握る?だけの人が、素人が平気で発注する。
物品の発注と区別がつけられない。
工事に入っても、管理や「工事監理」と「監理」が理解されてない。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=243
監理不在、従って、適正な契約変更もなされない。
監理の第三者性(第三者監理には反対ですが)などへの一般人の理解 不足も深刻な課題です。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=48
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=269
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=159
管理も時間に追われ、請け負けに甘んじる。
あるいは本工事と無関係に追加仕事が押し付け発注される。
それでも価値ある空間都市建築が残るのであれば・・・?
剣豪いなくなり代筆人と昔語りが増えるのみ。

1206号廃止告示15号施行。
http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/news/2009/01/15-1.html
http://www.pref.kagoshima.jp/__filemst__/40071/kokuji15.pdf
あくまで、業務の報酬基準です。
芸術性や誘導文化価値、地域付加価値力などの、
その場所で独自に創造される、建築の社会力(建築が負う責任や影響力)に対する創造能力にふさわしい報酬対価とは全く無関係なものです。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=78
せめて、依頼度と称する訳のわからない削減率を適用することのない、正規な運用から出直すこと。このことが発注者の倫理として、
責任として、最低限担保されなければなりません。

http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=34
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=213
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=223
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=229
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=139

自治体などでは、近年の多様性から計画、運用部門も取り込み、施設(管理)を総務とは別に独立させるところも出てきている。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=78
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=35
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=197  
 
投票数:195 平均点:5.28
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-11-13 22:52 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
いさなと仲間たち

 大手町の逓信博物館(逓信ビル)にて、CAP創立1周年記念講演が開かれた。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=34
記念講演として、郵政建築のオーソリティーである観音氏から、
逓信から郵政建築へ、130年以上に及び、
時代背景と共に作品と作者についても論じられた。
http://homepage3.nifty.com/npo-cap/image/cap09.pdf
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=86
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=88

 1887年逓信省発足。工部大学校造家学科第一回卒業生四人(コンドルの弟子)の一人、佐立七次郎が、逓信省初の選任建築技師として赴任 。運命が伴わずに消えてゆくが、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E9%83%A8%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%A0%A1
表現主義の岩本録、分離派をリードした山田守、日本建築を近代建築に昇華させた吉田鉄郎らが輩出。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=69
戦後、電気通信省(1952電電公社、1985NTT)と郵政省に分割(1949)。省庁再編(2001)で、現業(郵便、貯金、保険)は郵政事業省に、電気通信の監理は総務省に編入。さらに郵政事業庁は郵政公社に改組(2003)。民営化し5社に分割(2007)。 逓信省/郵政省(公社)の営繕部門で設計監理された、官庁組織の作品は、近代建築の規範として、戦前・戦後のわが国の建築界をリードしてきた。
 戦後には、官庁営繕の一つではあるが、いちはやく民主主義を標榜し、「簡明な建築」、「妥当な建築」から生まれる、庇の建築(いわゆる「郵政スタイル」)が、大量の建設需要にこたえつつ、質を確保することに多大な貢献をした。小坂秀雄の外務省(コンペにより、郵政省在職中、基本設計から実施設計まで深く関わる)、逓信博物館(逓信ビル)はその白眉とも言える。http://www.mlit.go.jp/gobuild/kasumi_map_04_tyousya_gaimu.htm
 各階全面に庇を回すこのスタイルは、建物の機能変化や空調の普及などで、昭和40年代に姿を消し、多様化していくが、やがて建築界の動きに機敏に連動し、時代性を表出する作品が数多く生まれる。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=589
すなわち、地域性の尊重、歴史的建造物の保存再生、いわゆるバブリー建築、平成10年ころからはローコスト化、さらに「建築というよりは事業用施設」とするFM志向。民営化した現在、営繕組織は日本郵政株式会社のFM部門として、上海万博の日本産業館なども進行中とのことです。
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=267
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=90

 こうしたなか、「逓信/郵政建築」の伝統が継承されるかどうか不明だが、民営化のあおりを受けその存在も危ぶまれる建築も多く、「逓信ビル」も、近々、大手町再開発計画で取り壊されるそうで、氏は、特に逓信建築の隠れた名作、そのインテリアも素晴らしい、張 菅雄の「旧簡易保険局」(港区)などの行く末を強く案じている。http://maskweb.jp/b_kanihoken_1_0.html
 すなわち、民営化したとはいえ、郵政グループの保有する貴重な文化財としての建築は、136年の歴史を有する公企業の信頼の象徴であり、「由緒正しさ」を示すもの。歴史の継承というだけでなく、経営資産としてもこれらを保存活用し、新生郵政の発展につなげてほしいとまとめた。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=378

 日本らしさを失うほどの行き過ぎた新自由主義と、安定した内需拡大とはほど遠い都市建築行政の沈没が、やがて国防や官僚制社会主義問題に至る、より根源的なこの国の二大問題である。130年に及ぶ本流の流れが、アジア内需に迎合することに不安を感じるのは、私達だけだろうか。すでに国内の容積率の錬金術には陰りがさしている。
http://www.youtube.com/watch?v=Y-D0BIPSgWI&feature=player_embedded#!
http://www.youtube.com/watch?v=HOdUBiyIEa8&NR=1
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=244
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=40
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=41
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=196
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=64
http://www.youtube.com/watch?v=RR-OESlvTS4&feature=related
http://www.jiji.com/jc/movie?p=top181-movie02&s=195&y=&rel=y&g=phl
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=213

木造の躯体のつぶやき>>資産としての建造物の状況>>豊島区・千川小学校他 公的な資産の行方から>>資産の行方(失われた10年、20年)は?>>国という資産の行方は?
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=45
投票数:256 平均点:4.49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-2-8 23:24 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
このことは、建築論議同様、極めて身近の関係者だけの話となっていて、認識すべき人に浸透していない。特に川上業務を牛耳る人間が、ほとんど建築の素人で、建築関係者がいても発言もない。発言の場もない。やがて多数決で物事が進んでゆく。こうした現状からして、いたしかたない事なのかもしれない。やはりこの件は近未来の初等教育に期待するしかないのか・・・。建築学校を始める建築家も出てきているようだ。

http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=294
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=138
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=236
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=64

設計することと建築確認をとる事とは別物なので、確認取得関連業務は、設計から切り離し、告示15号を再検討すべきである。公共工事の場合、民間工事と異なり丙の明記はない。甲乙の二者契約となっている。設計変更、契約変更を伴う監理は、会計法などにより監督員(役人)が行うこととなっていて、監理委託は補助業務のみとなる。乙に対して甲の監督員は氏名をあげて示される。このことからしても、公共建築にあっても、市民のために、重要事項説明書をのこすべきである。きちんと仕事するには、公的機関のインハウス設計者も保険に入り、重要事項説明に個人で責任を負い名前を出すのが当然である。このあたり曖昧にするから15号の運用も不明確になるのだ。設計委託も、現実には補助業務委託から、建築家委任委託まで存在し、この意味でも現在の15号はいまだ大味と言わざるを得ない。全く創造力を必要としない?10人・日程度の業務は物品発注されている。

かつての公共工事の底支えは消え去り、甲の代表選手である総括監督員は、創造とはかけ離れたところにいる。管理・監理の連携で、より付加価値の高い空間を生み出すことなど、もはや物語の世界になろうとしている。
12.21その後の児童館改修工事では、真っ赤な窓飾り(赤いファサードの建築的要素)は、あっさりとなくなっていた。http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=78
都市に組み込まれた内向きの建築、空間の広さよりも空間の質を尊ぶような、多様な材料と彫刻、色彩により規定されるイスラムの空間のようなものは、この国ではまだまだ一般に理解度が低いようだ。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=40

公的機関の契約のトップ責任者にあっても、工事発注と物品発注の区別すら(市民に及ぼす影響の違い、事の重大性)理解していない。工事や設計の素人が物品発注で出鱈目に工事を出している。借主がいつのまにか建て主にすり替わって工事発注の扱いになっている。事前使用で建築主事がやむなく求めるところの12条報告が、いつの間にか確認同様に扱われ、なんらの躊躇もなく公的な扱いも進む。違反も見え隠れ、公共(建築)工事の品確法も何処へやら。でこれまた、建築に対する文化芸術神秘性に対する理解欠如と言うより、遥かにそれ以前の品質が確保されないと言うことで、つけはすべて市民に回る。それでも近未来の初等教育などに期待するしかないのか・・・。


http://education.blogmura.com/
http://allabout.co.jp/gm/gc/184257/2/
http://www.mlit.go.jp/gobuild/hinkaku/shien_panph.pdf
http://www.youtube.com/watch?v=Xhi2bE1o2r0
http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/sale/20070618yakkannewold.pdf
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/const/kengyo/yakkan/KAISETU.htm
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=172
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO018.html
http://www.youtube.com/watch?v=HoiaVwgHD_4&feature=youtu.be
投票数:293 平均点:6.01

なし DESIGN 2050

msg# 1.7
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-8-25 22:33 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
一月後となったUIA東京大会はなかなか凄味を増している。
3・11の関係もあるが、
2000年以上に及ぶこの国、開会式から世界に向けて2050を発信する意気込みが感じられそうだ。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=54

街歩きをすると、いろいろなものがつくられ、結果地域にとって良いものが分かりにくくなっていることを感じます。
地域には、何をどこまで残し、どのように手を加えるか、難しい解答が求められています。がむしゃらに造る時代ではなく、「いいとこ探し」しながら創る、
なかなか厳しい時代を通過し、2050年には、洗練した街が、あちこちに見られるようになるのでしょうか。

一万人の世界建築家展 : http://10000architects.com/?jp
http://10000architects.com/index.html?jp&page=arch_detail&arch=ARCH1314347569
http://10000architects.com/index.html?jp&page=arch_detail&arch=ARCH1314281579
建築家は創ったものを示すのではなく、創ろうとするものを示すべきである。規制が先行してるなんて全く創造的ではありません。

さてそこで投票する前このサイト(画面左側)にログインして、あなたの意見(返信)を述べるべきです。
投票数:155 平均点:3.74
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-9-9 23:11 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
記憶とか知識を越えた観念とか知覚のようなものがより次世代の都市や建築に求められている。
http://10000architects.com/index.html?jp&page=arch_list
新しそうでも、前世代の物はさっさと取り残される。
厳しさがある。

世界の建築家たちが「DESIGN 2050」をテーマに東京に集結。
サブテーマ「環境 / Environment」
     「文化 / Culture」
     「生命 / Life」
災害を克服し、一丸となって、新しい未来へ!
Beyond Disasters, through Solidarity, towards Sustainability
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=54

その後、会期の初日を飾り、ウエルカム・ネットワーキングが六本木ヒルズの東京シティビューで9月25日(日曜)の夜に華やかに開催されました。
 
両陛下ご臨席のもと東京国際フォーラムホールAにてUIA2011東京大会の開会式が行われました。
開会式には、大会の参加登録者に加え、各界の招待客やUIA関係者の多くが参加し華やかな幕開けとなりました。
http://www.uia2011tokyo.com/ja/topics/news/indivisual79.html

UIA2011東京大会にて、3つの宣言が表明され、持続可能な社会のビジョンとその実現に向けた建築家の役割と責任が示されました。

UIA東京宣言
1933年にCIAM (近代建築国際会議)で採択されたアテネ憲章以来の新しい建築や都市の理念を示して、近代からのパラダイムシフト
をUIAが宣言します。 近代から現代にかけての科学技術への過信や経済至上主義を反省して人間の幸せを第一義に考え、環境・社
会・文化の3つのサステナビリティを併せ持たせる価値観への転換を促しています。 またキーワードとして、多様な職種による統合的プ
ロジェクト推進、地域主権と文化多様性の尊重、生活の質的向上と社会正義の実現があげられます。

建築・まちづくり宣言
建築関連5団体が建築基本法の理念となる考え方を確認し、これからの建築・まちづくりや地域の個別性を尊重した災害の復旧、復興
に連携して取り組むことを宣言します。 建築がまちや環境を構成する社会・文化的資産である事と、建築・まちづくりに市民・行政と共に
専門家がそれぞれの責任と役割を果たす事の重要性を表明します。
http://www.next-city.com/main/modules/xwords/entry.php?entryID=2&categoryID=1
http://www.aij.or.jp/scripts/request/document/20110920-1.pdf
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2011-09-22.html
http://www.njr.or.jp/list/news/2011/00329.html

JIA建築家宣言
UIA東京大会に於ける職能シンポジウムを総括して、建築家の役割と責任を建築家自らが確認すると共に広く社会に理解されることを目
指します。 自らの業務を通じて建築・まちづくりに貢献する公益寄与と、会員の質と会員が規準を順守する事を社会に対して保障する
公益保護を行う事を宣言します。

Declaration of the UIA2011 TOKYO
“Beyond the Disasters”
<Draft>
The XXIV UIA Congress was held in Tokyo during 26-28 September, 2011, 6.5 months after the historical disaster of March 11
in Japan. It magnetized nevertheless approximately Y,000 professionals and students related to the architectural and urban
fields, from more than Z nations and regions around the world.
Predominantly affected by the devastating events, the participants discussed sincerely and passionately about what had
happened, what was happening, what should be done now and in the future under the congress primary theme;
Design 2050
focusing on the most relevant issues
beyond the Disasters, through the Solidarity, towards the Sustainability.
Those were sorted in terms of the foundational pillars of three sub-themes;
1) Environment, 2) Cultural and 3) Life.
Major discussions were to identify together the forecasting and backcasting visions of architectural and urban design 40 years
hence, which should enlighten us on the role of our profession going forward form the prior charters and declarations of UIA.
Consequently we declare hereby to commit ourselves to;
1) Seriously learn from the disasters around the globe to overcome the current and future difficulties related to our profession
beyond the diverse disciplines regarding built environment, in terms of the triple bottom lines (environmental, social and
economic) of sustainability,
2) Vitally exchange global and local initiatives for the equity beyond the existing boundaries of region, nation, race, religion,
language, gender, etc., holding the cultural diversity in high regard, through a variety of contemporary media including social
networking that is changing the world,
3) Promote firm solidarity of our profession responsible to propose and enhance together region-specific “Quality of Life” of
the people above their gaps for social justice beyond the disasters towards the sustainability through the true power of
design towards and beyond 2050.

UIA2011東京大会における3つの宣言UIA/五会/JIA
Declaration

Declaration
UIA(国際建築家連合)のHPはこちら http://www.uia-architectes.org/
日本建築学会のHPはこちら http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm
日本建築士会連合会のHPはこちら http://www.kenchikushikai.or.jp/
日本建築士事務所協会連合会のHPはこちら http://www.njr.or.jp/
日本建築家協会のHPはこちら http://www.jia.or.jp/
日本建設業連合会のHPはこちら http://www.nikkenren.com/

http://www.facebook.com/UIA2011TOKYO/info
http://www.facebook.com/UIA2011TOKYO
http://311scale.jp/#electricity

http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=47
投票数:139 平均点:4.46

なし 祇園から

msg# 1.9
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012-8-8 22:34 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
 京都に行くと(西陣電話局は有名かつ特異な存在だが)、郵政建築が街並みに気を使ってきたことがよくわかる。たとえば祇園の郵便局は小さな建築だが、舞妓さんのような建築だ。他にも小さな郵便局が工夫してデザインされているものを見かける。
http://www.youtube.com/watch?v=N4TR32mPxrs
http://blogs.yahoo.co.jp/t_marufuzy/43058836.html
http://www.youtube.com/watch?v=V8gyWIbttdc&NR=1&feature=fvwp
 京都駅前の中央局については、3階以上すべての階に庇があり、東京、大阪の次に建築されていることが外観からも読み取れる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%83%B5%E4%BE%BF%E5%B1%80
京都タワーの13階からは、かつてはこの位置から京都が一望できたことが感じられるが、いまは駅側の展望は望めない。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%AE%88
http://www.youtube.com/watch?v=JTBRxZLYU9Q
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=650
 最近東京の京橋に、スクラップアンドビルドで、京都中郵の躯体活用を彷彿とさせる事務所ビルが登場している。美の対象としても適度な大きさの京都中郵の進化保全と今後の存在に期待したい。名古屋中郵は高層ビル化の方向となっている。夏の空がよく似合う名古屋でもトップクラスの建築だと思うが、屏風の一員に生まれ変わるようだ。隣接地区で進められているJR東海の再開発事業との一体性に期待したい。
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=69
http://building-pc.cocolog-nifty.com/map/2012/03/post-1f8d.html
 しかしとんでもない暑さでしたが、金閣と建仁寺のスケッチができました。
http://www.youtube.com/watch?v=NNEMYJ-lJyI
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=439
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=438
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=291
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=47
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=448

(ログインしてお入りください)
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=53
投票数:118 平均点:4.15
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-5-5 9:18 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=24
CO2論議もかなり沈静化してきた?ようだ。
http://www.youtube.com/watch?v=KC0a1c1eX3Q
http://www.youtube.com/watch?v=jbU6GdH7jv4
http://www.youtube.com/watch?v=ombGk8u8Ayg
http://www.youtube.com/watch?v=P2w33s0Ke9Y
http://www.youtube.com/watch?v=aJdMa1VI0do&list=PL445B1DE48F49899B
http://www.youtube.com/watch?v=0S_SIGczD4s
http://www.youtube.com/watch?v=9O3MiCbCpj4
地球温暖化説の虚構と幻影 渡辺 正
http://www.youtube.com/watch?v=AmlI_yVmuEQ
http://www.youtube.com/watch?v=PLn1KTdMyxE
エネルギー問題も革命といわれる動きが現れてきている。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=596
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=290
いまだ大手ゼネコンの仮囲いにCO2云々が書かれていたり、ローカルアジェンダの頃のままのガイドラインなどがそのままの自治体もある。
経済界やエコ産業の反応に比べて極めて鈍重なのは、とりあえず普通にとのゆえか?。
http://www.youtube.com/watch?v=_gE7piFwlno&list=PLC2BE74807353695C
http://www.youtube.com/watch?v=q_vKH8Zx9Rc&list=PL445B1DE48F49899B
http://www.youtube.com/watch?v=N1E8RUTYWQ0
それならいっそのこと資産利活用や歴史や文化、美を絡めた建築話にはしないほうが清い。向きが違うから無理でしょ。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=47
難しい公共建築のことに、現場監督に毛が生えた程度の人間や図面書き、興味程度の無責任な素人が参入し、事態をますます悪化させている。既存価値の活用が図られずにゴミを増大させている。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=604

IPCC牛耳る国が京都議定書に入ってない。
中国は知っていた?。
わが国もようやく目覚めてきた。
http://www.youtube.com/watch?v=_NkGFWjwyq8
http://www.youtube.com/watch?v=jbU6GdH7jv4
http://www.youtube.com/watch?v=ssq5WGz4LMk
http://www.youtube.com/watch?v=ah5kw4uzM9o&list=PL445B1DE48F49899B
COP19は、11月にワルシャワで予定されている。
http://www.youtube.com/watch?v=o2h-x-5Rvqo
とりあえず「アイアンマン3」を観に行く。
http://www.youtube.com/watch?v=ombGk8u8Ayg

5.29、某大手新聞によると、国レベルの温室効果ガス削減の当面の数値目標がない状態が続く中、現場を預かる地方自治体では、模様眺めのところがある一方、独自対策を積極的に進めるところもあり、温度差が広がっている。削減計画が義務の148自治体(都道府県と人口20万人以上の市)のうち10県を含む27で計画が未策定。また、9県が国の出方待ち。25%以上の目標を掲げる(意味があるのでしょうか?)のは15都府県。

いい加減な論議でお茶を濁している。うちにこの国は滅びゆく。
(ログイン後→institutional echo chamber effect)
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=1
精神、文化、経済と豊かなこの国に、世界が喰らいつく。
情報戦争といわれるが、分野は違うが背景が同じ問題が大変多くなっている。 
http://www.youtube.com/watch?v=57BGh0X5IWU
http://www.youtube.com/watch?v=PrRjoR0dkcg
http://www.youtube.com/watch?v=-F4WPqVxO_M
http://www.youtube.com/watch?v=TxWw7vUYxwY
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=257

国益のためみなさんいろいろ言いますよ。
http://financegreenwatch.org/jp/?p=36842

-この星に、生き残るための物語。-
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2013/gj2013/

http://www.youtube.com/watch?v=OjPEzUaSqT0
投票数:84 平均点:4.76
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013-11-27 1:23 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
現在、世情から、労務単価や資材の高騰が言われているが、そんなこと誰もが知るところ 、
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=669
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000084061.pdf
プロ集団?が設計したものが、入札で2倍以上乖離、かるく生涯賃金の6〜7倍以上乖離ということは、いかがなものか?
http://www.youtube.com/watch?v=HoiaVwgHD_4&feature=youtu.be
このことの市民被害に対する責任はだれが負うのか?建賠は効く(このような状況にこそ効いてもらわないと)のでしょうか?
http://www.jia.or.jp/resources/bulletins/000/038/0000038/file/h0ddxFGW.pdf
http://www.jia.or.jp/resources/bulletins/000/040/0000040/file/aBnW8H8Q.pdf
黒塗りの運転手付きと、鼻水垂らして自転車と、同じに
ごめんねで終わりなんでしょうか?
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=293
はたまたどこぞの仕掛け人の仕業?
ロマンの消失か。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=642
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=33
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=74
新しきものへの取り組みにはバックキャスティングの取り組みが(仕組みも)必要だ。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=604
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=277

西部邁の顔の筋肉の動き(ぬるぬるの伸びた、あるいは 微妙なるピクリ、それが何を訴えるのか)には、実にいろいろとカリブレーションすべき(得るべきもの)ものがある。
https://www.youtube.com/watch?v=xDo8mBZZA48
http://www.youtube.com/watch?v=gKo2Bth92Ys
https://www.youtube.com/watch?v=INA2H2Gu_Jo

http://www.youtube.com/watch?v=M5ZRXL_XTWY&list=PL2B4FF1FB8DA61363
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=257
http://www.youtube.com/watch?v=-Pcq7Uboc9Y&list=PL2B4FF1FB8DA61363
http://www.youtube.com/watch?v=PX766ot4cFU&list=PL2B4FF1FB8DA61363
国益、いや倫理の消失か。
だれが腹を切るのか。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=277
是非に及ばず。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=448
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=35
投票数:84 平均点:6.31

なし ano

msg# 1.12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015-9-16 21:35 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
 誰もが便利に安直にプラットフォーム情報を得られるようになったが、
言葉や情報そのものへ関係者の本質の理解が及ばないまま、連鎖的に状況だけが独り歩きしている。この国の骨張がそがれていく。
 最近の新国立問題では、デザインビルドへの正当な理解がないまま状況が進んでいる。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=33
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=98
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=72
デザインビルドがコンソーシアムの設計施工一括から一社による設計施工一貫とも解され始めているのは建設業協会のパワーからなのか・・・。
またまちづくり関係ではリノベーションが広く使われ、建築単体でのコンバージョンとの区別が曖昧にされている。
(ログイン後アクセスしてください。)
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=731
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=246
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=259
用途変更問題がさして問題にも扱われないのは、この国もご都合主義にどっぷりつかってきているのか・・・。http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=657
漫画喫茶の用途が事務所建築に入ってるというのもいかがなものか。定期報告もその範疇でしかなされていない。
http://www.news-postseven.com/archives/20141130_289410.html
 過日すし屋で3種類3貫で○○円とあったからまあ6個ならちょうど腹に良いかと思いきや、それは種類の違う握りが3個ということであった。あの・・・、認識が違うのですが。まあ回転台にのるすしとか、箸でつまむ寿司というのもなかったことゆえ・・・。
食えればいいということ。そのような店に限ってシャリが緩いのはなぜか。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=55
 H市の首長などがFM関連でリノべオンリーで得意げにまちづくりを話すのを聞いてると、素人の物言いなのか、
あるいはコンプライアンスが緩い自治体なのかなぁー・・・。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=737
投票数:37 平均点:5.41

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project