■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

都市緑化事例についてなど>[暗渠から開渠へ・親水公園・自然景観を蘇生・「分倍河原まちづくり連絡会」の活動など]>分倍河原駅周辺・・・> Re: 分倍河原駅周辺地区まちづくりの意見など>提案書に向けて

このトピックの投稿一覧へ

質問 都市緑化事例についてなど>[暗渠から開渠へ・親水公園・自然景観を蘇生・「分倍河原まちづくり連絡会」の活動など]>分倍河原駅周辺・・・> Re: 分倍河原駅周辺地区まちづくりの意見など>提案書に向けて

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2006-12-4 18:16 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 366 オンライン
イメージギャラリーの方にnext-cityさんがあげた例は、デザイン面より、その経緯に大変内容深いものがあります(イメージギャラリー 参照)
 http://www.next-city.com/main/modules/myalbum/photo.php?lid=10&cid=4

http://www.next-city.com/main/modules/gisboard/
谷端川が、もともときれいな清流だったのは、おそらく武蔵国の頃まで遡ると思われます(未来都市フォーラム⇒東京フォーラム⇒都市ストックの活用と木造建築の可能性⇒説明会での発言と意見書の提出等の概要他 参照
http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=20&post_id=94#94 )。現在の姿は、暗渠を整備したもので、親水公園も、本来の川の流れを使ったものではなく、コンクリート版の上に作られた夏場の池です。川の暗渠化は、昭和36年頃から盛んとなり40年初頭がピ−クで、58年頃までかかっています。とりあえず臭いものに蓋の美装工事です。その当時は急ぎそうする事が必要だった時代でした。本来の川は、戦前の池袋モンパルナスの画家たちによると、「美しき黒きドーブ川」と称されていたようですので、その頃ですら、すでにどの程度の状況であったのか、推察できます。戦災時の残材の投棄も川を傷めることになったようです。現在も多くが下水道として管理されており、都下水道局HPの、下水道管理台帳により、誰でも検索できるようになっています。自治法改正により、現在維持保全について区に移管されているところが多くなっています。ソウルのチョンゲチョンの開渠化と親水空間の創出も、古くなり劣化した暗渠コンクリート版の補修検討から始まった事です。こうした暗渠の取り扱いが、今後豊島区にも期待されるところとなってきます。府中市などは田んぼの用水なので劣化はさほどないようで、元々の開渠の親水景観整備を先に進めているようです。 http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=23&forum=1&post_id=134#134

都心部水路の暗渠化は、わが国では東京オリンピックなどを契機に一挙に進められたようですが、現在、世界の趨勢は、ソウル市のチョンゲチョン http://www.ne.jp/asahi/yoikawa/suikei/sub1-27.htm
のように、覆いかぶさる都市施設から自然景観を蘇生させていく方向に変わっております。一帯の道路接道の適正化も進めつつ、谷端川等の蘇生(道と水系景観が融合した一体的親水空間の創出)に取り組むべき時期に来ているといえます(未来都市Wiki⇒未来都市づくりのコンセプト一覧⇒建築の自由度について⇒2項道路の件 参照、http://www.next-city.com/main/modules/bwiki/index.php?%B7%FA%C3%DB%A4%CE%BC%AB%CD%B3%C5%D9%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6
関連、未来都市フォーラム⇒東京フォーラム⇒東京の下水道を考える
http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=6 
)。
投票数:372 平均点:6.02

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project