■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

木造建築の未来をひらく>Re>軍艦島・長崎・熊本>「いだてん」の最終回と新国立竣工>大嘗宮見学

このトピックの投稿一覧へ

なし 木造建築の未来をひらく>Re>軍艦島・長崎・熊本>「いだてん」の最終回と新国立竣工>大嘗宮見学

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2019-11-4 16:45 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 444 オンライン
昨日(文化の日)はカレッジの公開講座に行ってきました。
(第21回東京建築カレッジの公開講座)
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=257

カレッジの9期生が熊本城の復旧に頑張っているそうです。
カレッジでは規矩術の初歩も学習するそうで、伝統工法を取り入れた原寸大2階の実習棟実習もあるそうです。

茅葺屋根は、高粘度液体の放水銃やドレンチャーが必要。
https://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/design/log/tree_1622.htm#9718
茅葺ではありませんが首里城の火災もあったところです。
人が寄れず放水銃は機能しなかった。周辺のあきと設置位置が十分検討されてなかった。
そもそも過密配置ではなかったのでしょうか。
残った柱もあっったりで、朱塗りの材料に問題がなかったのか。
今回の事では、慌てて再建より十分な検証が必要です。

匠明の大工の五意達者/墨かね、算合、手仕事、絵用、彫物
ということで、経営能力も(算合)大事ということです。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=857
投票数:7 平均点:5.71

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project