■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Re: 提案書に向けて(ロボコン建築模型補足)

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 提案書に向けて(ロボコン建築模型補足)

msg# 1.4.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019-1-30 21:08 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 403 オンライン
私のロボコン建築については、

いろいろ議論される場面もあるのですが、
https://www.youtube.com/watch?v=G9dEsxAzWiI

あくまでもロボコン建築模型にデザインコンセプトなどと言ったものはありません。
https://www.youtube.com/watch?v=nimHNuWPzEM

一般に使われる白模型の少し先を行く程度、

つまり完成模型ではないので。


また、分倍で複数造ろうと考えているわけではないので、
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=832

説明用模型は設置場所の可能性がいろいろありえるということです。




その一つラグビーボール平面型跨線橋駅施設案は、

学校1軒の新築費(30億円)くらい必要でしょう。

旧跨線橋のスロープ撤去(自転車置き場のスロープの利用、GL+6000の線路上の架構は補強再使用)エレヴェーター増設、
跨線橋部へのエスカレーター新設も必要。

隣接の駐輪場施設上部に仮設クレーンの設置が必要になるかもしれません。

このところ、山手線新大久保駅では駅を使いながら、ビルが密集する厳しい状況で、駅舎の増改築が進められていますが、分倍でも関係者の努力次第でしょう。


役所にはきちんとしたCMrないしは、PMrの存在が必要で、

通常の設計委託や工事競争入札発注では実現不可能でしょう。

都市部はどこもすでに既存施設が密集してるので、

先生お願いしますの様な敷地や状況がないところで、

絵面で民意を誘導しながらモノづくりしなければならないのです。

デザインビルドも選択肢としてあり得ると思います。




施工の段階的な仕事の見通しも必要なことから、BIM設計が適当でしょう。

http://bljapan2018.seesaa.net/

http://www.archifuture-web.jp/magazine/423.html

http://www.archifuture-web.jp/headline/439.html


梁とスラブを一体で設計。

設置可能な柱位置の検討(柱脚は球座として設計、分倍河原の地盤の良さを活用)

既存駅舎上部に新規跨線橋を先行建築し、あとから下を壊し広場化する。(メタシュタット工法)

上物についてクレーンの設置位置を検討し、ピースを工場生産し、現地では接合組み立てとする。

有限要素法にて解析、進化保全(駅中施設として跨線橋一部、エレベーター設備3か所、既存利用)。


この案件についてのデザインコンセプトはハケを感じる跨線橋、

ホッとする緑の府中、分倍河原駅ということ。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=773




府中市都市整備部地区整備課発行の
分倍河原駅周辺地区まちづくりニュース第8号(平成30年12月発行)に、

分倍河原駅周辺地区まちづくり提案書が市長に提出されたことが報告された。これまでの検討経過、まちづくり提案書の概要が掲載された。


http://www.city.fuchu.tokyo.jp/

トップページから「行政情報」の「施策・計画・審議会・協議会」の「施策・計画」を選択する。

「都市基盤分野」の「府中市まちづくり推進事業」を選択する。

「分倍河原駅周辺地区」を選択する。
投票数:4 平均点:7.50

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project