■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Re: 勉強会より

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 勉強会より

msg# 1.2.1.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-4-4 5:17 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 285 オンライン
今の都心区部の木密改善施策は
ほとんど施設保全には無知な一般区民に対して行われています。
スクラップアンドビルドで建て替える建物のほとんどが
重圧な抵当権設定によって成り立っているのですから。
ほとんど生産力のない人たちがこれをどうやって返済してゆくというのか。
建てたときの4〜5倍にもなる維持管理コストをどうしてゆくのか。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=650



メガシティー東京は深刻な状況です。
高齢化率の上昇は地方の比ではなく、
生産年齢人口減もすさまじい限り。
つまり細った労働人口で高齢社会を支えてゆくのです。
特に区部は住民税たよりですから、
このままだと今後ますます国や都の統制下に入った自治の傾向となって行くでしょう。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=742

地域のニーズにあった独自路線を築くことが難しい状況下、
超高齢化社会を迎える中で、
十分な蓄えがなければ、特養や介護付き有料老人ホームへ入居することも叶いません。
民間の賃貸マンションやアパートは若者を意識した間取りや構造、立地の場合も少なくありません。またそもそも高齢者の入居は難しい。

一方で若者の住宅事情はどうかというと
これも深刻です。
特に東京は厳しいようで、
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=759
出生低下の所以でしょう。



日本の住宅は数的に充足し、逆に空家の増加が大きな社会問題となっているとはいえ、高齢者にも若者にもニーズには合わない物件が多いのも現実です。
とくに、これから急増する高齢の単独世帯に合わせた物件は圧倒的に不足している状況で、老後の暮らしを想定した住まい選び、これからの家づくりも考える必要があります。硬直化した基準法、早く何とかしないと・・・。
http://kihonho.jp/toppage/bbs/
投票数:6 平均点:6.67

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project