■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

非定型流動性から>ニュー・バビロン>オリンピックまでに>虎の門のホテルから>デザインから>最近、・・>メガシティー東京の人口は3700万人超なのだ。>日野のまち歩きから>Re:メガシティ−東京・・>まとめ>シンギュラリティー>くまモン?の嘆き>ポケモンgo

このトピックの投稿一覧へ

なし 非定型流動性から>ニュー・バビロン>オリンピックまでに>虎の門のホテルから>デザインから>最近、・・>メガシティー東京の人口は3700万人超なのだ。>日野のまち歩きから>Re:メガシティ−東京・・>まとめ>シンギュラリティー>くまモン?の嘆き>ポケモンgo

msg# 1.18
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 | 投稿日時 2015-3-7 15:17 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
田村明の本に興味深い記述が出てくる。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/5262tamura/hajimeni.htm
彼の部局のやり方を評してスタッフの一人が〈非定型流動性〉といったそうだ。
今までの役所の流儀は〈定型固定性〉であったわけだという。まず法令があり、さらに中央からの指令や通達が来る。
それを間違いなく実行しておけば、議会や市民から文句を言われても、〈法令に書いてあるのだから〉と言って逃げられる。
悪いのは自分たちではないし、責任もない。・・・・役所では、〈すでに決まったことだから〉という論理も極めて強い。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=654
いったん外部に発表したり、議会に説明してしまったものは、そこで固定されてもう動かない。
下手に変えれば、今度はなぜ変えたかを追及される。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=39
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=47
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=66
それよりも〈決まったことだから〉と頑張ってしまうほうが、けっきょくは楽なのだという。 http://okiisana.exblog.jp/m2015-03-01/
ところが、彼の部局のやり方は、いったん決まったことでも、市民にとって〈何が一番いいことか〉を厳しく考える。
https://www.youtube.com/watch?v=bSQ5eJjMtBQ
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=50
そこで一番いいことを実現するために、あらゆる手段を実行する。〈市民の政府〉の行政なら当然にそうなる。
そうなると〈非定型流動性〉にならざるをえないという。
従来の役所の体質に慣らされたスタッフにとって、始めは随分戸惑ったことだろうけれど、
いつのまにか〈非定型流動性〉は彼の部局の合言葉になって、自由で創造的な雰囲気が生まれたという。

小石川の傳通院に所用がてら出かけてきました。
山門が道路中心から5メートル下げて、
立派な伝統工法の木造で造られていました。
建て替えて10年くらいといった感じでした。
準防火地域だからこれができるのです。
新防火がかかれば準防火地域でもできません。
文京区は新防火は大塚5丁目あたりだけだから傳通院は大丈夫ですね。
いま爆発的に進む新防火が、建築文化を消してゆく人災にならないことを願っております。
住宅からまっとうな真壁の和室や床の間、広縁、道に開いた庭の縁側など、これまで人々の自助共助精神の基底にあったように思う空間が消えてゆく。真行草で言えば行草は消滅するわけです。
このあたりの話は、きちんと建築や都市を学んだ人ならわかることですが、役所(自治体)にはそのような人はほとんどいないのか、
一体どうなっているのでしょうか。
豊島区だと重林寺などは、戦災もまぬがれた貴重な木造建築ですので心配です。
地域で大切にされている長崎神社、惣禅寺の赤門、本妙寺鐘楼などの行く末は? 。
それなりにプロ意識が強いようですが、
たてものをいささか防火性をあげて、広域火災の延焼を焼き止めることが出来るのか?
関東大震災や東京大空襲の時の広域火災の怖さはいろいろ聞いています。
建築や都市の質について、進めようとすることの意味が、
自分で本当に分かっているのか。
大変疑問に思うことが多い。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=35
自治体が市民のモノとなり、主体性を持たなければ、〈まちづくり〉の面でも、個性ある美しい〈まち〉にはならないという。
https://www.youtube.com/watch?v=DCbYsFcMDcc

広域火災では、引火点以上の熱風が流れ爆発的に燃え広がる。
準耐火建築物(45分、60分で燃え崩れます)などなんの効力もありません。
防火構造(30分)と、壊して建て替えるほどの違いがあるのでしょうか。  
不燃領域率の計算も、国は耐火建築物しかカウントしないではないですか。
容易に燃え崩れないから、犠牲になって焼け止まるからです。
そんなことよりも、新防火で多くの良き日本の建築物が、魂が、消え行く事が残念。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=648
これも時代の流れ?地域の住民意識の欠落に向わないか、
消滅都市に向わないか、心配です。
投票数:45 平均点:6.22

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project