■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

半世紀前の池袋事情

このトピックの投稿一覧へ

なし 半世紀前の池袋事情

msg# 1.4
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-4-22 21:34 | 最終変更
シティー  新人   投稿数: 11
昭和32年12月1日の丸物開店により、西武、東武、三越、丸物のデパートが出揃い、歳末商戦が激しく展開された。
駅前4大百貨店の12月の総売り上げは、30億と豪語され、豊島全商店売り上げの1年間の総売り上げに匹敵する額であった。
西口商店街はデパート進出に対して強い危機感を持っていたが、32年末時点で商店街の強化を図り、より近代的な経営戦略を取り入れることとなった。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=217
すなわち、池袋西口商店街は池袋西口美観商店街連合会(10商店街三百数十商店)として新発足。顧問機関として、総合企画研究所を併設。この研究所は、商店主のほかに学者、消費者代表など数名で組織し、市場調査・流行・貿易問題などを研究し、その成果を一般商店に会報などで知らせることにしたという。(朝日、32・12・27)
当時、都内の商店街が専属の調査、研究機関を置くことは初めてだったという。
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=212
このようなところで街づくりについても論議されていたものと考えられる。
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=278
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=113
投票数:224 平均点:3.75

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project