■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

「新宿区景観まちづくり計画」の概要と今後の展開

このトピックの投稿一覧へ

なし 「新宿区景観まちづくり計画」の概要と今後の展開

msg# 1.1.1.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-3-11 17:55 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 436 オンライン
JIA城南地域会(品川、大田)では、2009 年3 月5 日(木)
新宿区の「景観まちづくり」について、新宿区の担当主査をお招きして、
話を聞いている。
新宿区は景観にたいして先駆的な行政を展開していて、概要は以下により、
ご参考まで。

18:30〜20:30
マンション雅叙苑 集会室(大)にて
出席者 JIA地域会メンバーほか、
ゲストスピーカー:志原 学主査(新宿区都市計画部景観と地区計画課)
取材:「建築ジャーナル」誌 西川 直子氏

「新宿区景観まちづくり計画」の概要と今後の展開について
新宿区都市計画部景観と地区計画課 志原 学主査
・ 平成4 年に全国に先駆けて景観まちづくり条例を施行
・ 景観事前協議制度を設けたが、強制力は無し。
・ 景観アドバイザーと設計者との話し合いで誘導した。
・ 建築敷地から半径300mの範囲の写真を撮って提出してもらう。
・ 建物では主にエアコン室外機を床置きに、屋上設置機械は水平高さまで目隠しで囲う、等のお願いをした。
・ 平成16 年景観法成立と共に、景観行政団体を申請。
・ 平成19 年、都が景観計画を作成。新宿区も平成20 年7 月に景観行政団体となった。
・ 景観まちづくり計画策定の前に、大学の研究室に委託して全地域の「景観まちづくりガイドブック」を作成した。
・ 平成20 年9 月、「新宿区景観まちづくり計画(素案)」を策定。
・ 区全域を「景観区域」とし、その中で特に景観特性のある地区5 ヶ所を「地域の景観特性に基づく区分地区」に指定した。今後増やしていくつもり。
・ 各地区の特性により、届出義務の範囲を変えている。
・ 着工の30 日前までに届出。
・ 景観法に基づき、勧告・変更命令は出せるが、景観誘導は困難。
・ 色の規制は都に倣いマンセル規制をしているが、おとなしい感じ。
・ 広告物の規制は、広告条例の方で規制。
・ 景観重要建物・樹木指定は、持ち主の負担が大きいので指定は困難。
・ 景観重要公共施設の整備は、理念のみで具体的なものはない。
・ 事前協議のために「景観形成ガイドライン」を作成。
・ 区内全域を行政区分ではなく、景観特性で72 地区に分割。
・ 事前協議では、周辺写真提出、予定建築物の完成後のモンタージュ写真などを提出させている。
・ 今後、表彰制度を検討する。
※ 終了後、質疑応答が行われ、色はマンセル値ではなく色彩専門家の判断を導入すべき、区境いをどうしていくか、等の意見が交わされた。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=107
http://www.jia.or.jp/kanto/shinjuku/report/2009/0511keikanhou.pdf
投票数:299 平均点:5.18

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project