■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

東京大気汚染裁判に関連して

このトピックの投稿一覧へ

質問 東京大気汚染裁判に関連して

msg# 1.1.1.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-1-3 14:40 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 423 オンライン
小沢弁護士(豊島区・城北法律事務所)が、10年以上にわたり取り組んできた東京大気汚染裁判が、勝利和解によって全面解決することができました。

これにより、平成20年8月からぜん息患者のために医療費を救済する制度がスタートし、東京都内のぜん息患者は年齢・所得に関わらず十分な診療を無料で受けることが出来ることになります。制度を利用するためには申請が必要ですが、詳しくは東京公害患者と家族の会(電話03−5802−2366)へとのことです。

初めて公害裁判の被告となった自動車メーカーも、相応の経費負担をする決断をしましたが、今後のクリーンな自動車の開発・販売への努力が求められます。

http://www.city.toshima.tokyo.jp/hokenjyo/jyosei/jyosei-04-03.html

http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap080103.html
投票数:221 平均点:5.16

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project