■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

未来都市〜ネクストシティ東京>未来都市に向けて(福田 康夫 様)>ALWAYS・続三丁目の富士 より>〔分倍河原まちづくり連絡会〕へ>住宅エコポイント>実家展なるもの>お別れ虚白庵、UIA?大会>銀閣寺から

このトピックの投稿一覧へ

質問 未来都市〜ネクストシティ東京>未来都市に向けて(福田 康夫 様)>ALWAYS・続三丁目の富士 より>〔分倍河原まちづくり連絡会〕へ>住宅エコポイント>実家展なるもの>お別れ虚白庵、UIA?大会>銀閣寺から

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .7 .8 .9 | 投稿日時 2007-10-11 12:49 | 最終変更
亀井天元  長老   投稿数: 289 オンライン
 江戸一帯は、太田道灌が治水事業を進めるまでは、河川が蛇行を繰り返し、現在の都心部は、当時100件くらいの家屋しかなかったようです。つまり、とても人が住み着けるようなところではなかったようです。その後500年足らずの間に、自然の猛威に逆らい、現在の都市東京が出来上がったわけです。現在も、道路や公園の地下などに、膨大な税金を投入し、貯留池を築造したりで、未だに自然の力を抑え込まんとしています。特に近年では、かみそりのスーパー堤防や、利便本位の高速道路建設により、都市景観上も憂慮すべき事態が生じております。
 都市のストックが過剰になりつつあるこの辺で、一度、自然のなせる状況を見込んだ都市づくり(池の在るべきところには池や水路を創り、水辺に戻すような)を目指すべきではないでしょうか。いささか不謹慎なことかもしれませんが、洪水ハザードマップを、ゆったりとした池や水路として見ると、かつての美しい水の都、江戸の町が彷彿としてくるような気がします。このことは人間の不遜と傲慢に対する警鐘なのでしょうか。⇒未来都市フォーラムとはhttp://www.next-city.com/main/modules/about/index.php?id=1
 この国の意欲的な建築家が、建築の自由度が低く、

その後⇒「建基法に従う」では済まされない・・・
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=159

やりにくくて割の合わない東京や日本の都市部の仕事から離れ、地方からいつの間にやら中国や中央アジアや中近東(建築実験場)の仕事に励んでいることも、きわめて憂慮すべき状況です。こうした人たちばかりでなく、気鋭の若者、様々な場に在るまっとうな建築家たち(有名で多作が必ずしも良いわけではない)や、それを支えるエンジニアや文化人の発言がきちんと理解され、その努力と実力に見合う境遇と待遇にあり、日本の創造性を換起し、美しい国づくりが進むようになることを、総理大臣に期待したい。五期会http://www.jia.or.jp/topics/kenchikuka/dat/take.htm
の頃から言われていたようなことですけど・・・姉歯問題

耐震偽装事件などから>>>>>[技術の誤用/悪用・ブラックボックス・本物へのこだわり・ハンムラビ法典・適判チェック・4号建物・⇒その後]
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=22

の根も無関係ではないことです。
 シンガポールやドバイとも違う文化都市の構築に期待するわけですが、 http://en.wikipedia.org/wiki/Singapore
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4
それには小学校教育からすべての国民に都市や建築を学ばせるべきですね。総合的学習の時間とかでね。建築に関わる人の中にも建築盲がうようよといるんですよこの国では。 http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?post_id=177
まさに各教科目に総合的に触れることになりますから。身近なところで、自分たちの学校をいろいろ材料にしたってよい勉強になるわけです。ゴミや環境意識、社会奉仕もあわせて学ばせるべきです。

公共建築の仕事、今後は・・・、公共空間は・・・>>>>>[営繕(施設)職員・指定管理者制度・1206号・設計ダンピング・駒込福祉作業所・菊かおる園・メタモルフォーゼ・ヘルスケアデザイン]
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=19&post_id=78&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=1#forumpost78

子どもとあそび―環境建築家の眼 (岩波新書)
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=132

⇒JIA教育文化事業へ
http://www.jia.or.jp/service/index.html

(参考)日本におけるオープンプラン型小学校の・・・
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=14 

海外では、「建築と子供たち」といった教育プログラムもすでに使われています。 http://members3.jcom.home.ne.jp/ac-net/index.html  
そのような素地があれば、都市や建築の順法等についても自然に身につきます。言い古された発言ですが、読み書きそろばんだけではだめ(藤原先生ともすこーし違う)なんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=lUp_uy47dIg&feature=related
しかしこのところ公立の日本の学校ではそれすらからも手を引いてきていたわけですから・・・。自分なりの意見を正当に述べるなども、・・・早くしないと手遅れになりますね。この国は。身近な子供に尋ねればすぐにわかることですが、残念ながら教育現場の荒廃はかなりの状態に進んでいます。そして子供のときに、本物の芸術家たちとのふれあいが大切です。目前の経済とか経営の論理に合わないと、正解がないと、理解できない、落ち着けない、いらついてしまう。権限を持ち高所得を得ている組織の指導者にも深みのある人がいなくなってきています。世の中の仕組みが、間違った判断で大切なものを切り捨ててきているからです。知識偏重の元に芸術的な要素がないがしろにされています。よい成績をとってできるだけ速く出世するためには「答え」を学ばねばなりません。回り道などもってのほかだし、失敗することも許されません。ファンタジーや着想力はみごとに払拭されてしまいます。多くの人が、失敗することへの恐れや実現しそうにもないという見込みから、芸術的能力を育てるために不可欠な簡単な基礎練習も試行錯誤もしようとしない。そしてマニュアルがないと何も進められない、安心できない。従順で勤勉なだけ、自動操縦を好む、そんな人も増えています。

自治体の首長も経験されたH氏からいただいたメールの一節では、次のように語られていました。
・・・・話し変わり、欧米の政治家や社会の指導者は教養が必要とされます。
美術の知識、音楽の知識などです。
欧米の指導者は、絵を描く、楽器を演奏する、あるいはこうした分野で基礎知識を持つ方が多くいます。
サミットを見ていてもそうです。ピアノを弾く大統領、・・・。
日本の政治家、社長達はこの分野で負けています。少数派です。
欧米の高等教育制度にもよると思います。日本では音楽や絵を教えるのは芸大、美大のみです。
アメリカの大学では教養として何処の大学でも、ピアノ、声楽、美術などの授業があります。
体育の授業も教養として様々な授業があります。

日本では教養のないやくざ的な方が上にのし上がる傾向にあります。
余談になりました・・・

とのことです。
確かに、社会的にも一定の立場にある方が、建築盲ばかりでは良い都市や建築が、国が残るはずがありません。建築オタクとまで言われないまでも、国民に建築盲が存在してはいけません。まして、そんな人たちがプランを書いたり、パソコンソフトで設計もどきのお遊びをしているなんかは、ぞっとします。


区役所(豊島区)新庁舎整備などから>>>>>本音トーク(建築の自由度より、のびのびとやれなきゃいいものできません。)
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=33&post_id=139&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=1#forumpost139

職人気質が敬遠され、すべて創造教育からも手を引いてきた結果です。この国の教育や人物選択の仕組みがどこかゆがんでいるわけです。探し求めて手に入れ、根気よく取り組み、獲得し、発見し、展開して達成する、学びのプロセスにおける喜びが失われていくのです。
いさなの仲間達にはいませんが、世の中そんな訳で、実にうすぺらな方が、かなり多くなっています。正解がない(建築はそうです。)。そんなことは世の中かなり多いわけですね。時間が解決することも多いわけです。スローライフのようなことも大切なわけで、こんなことは、大人になってからでは身につきません変わりません。

そして、都市の建築は、篤き人々の活気と情熱で、脱皮していくべきもの。突然地域に縁が無い人たちが入り込んできて、次々に廃棄されるべきではないのです。そのためには税制の見直し、都市の敷地や土地や建築の状況(使われ方も含み持続的地球環境の保全と自然回帰志向になっており景観を重視しているかどうか)による課税率の大幅な変更(よいものは軽減、好ましくないものは増加)が必要です。この国の財政赤字の拡大を、新税なしの増税のみで対応するならば、なんとすべての税金を50パーセントUPしなければならないのです。クロヨン問題への取り組みとあわせて、国際化への対応のためにも税制の見直しは急務です。

私たち一人ひとりが、自ら始めるべきことはないでしょうか。毎日の食事に際して、隣人との会話に際して。

人智学に基づく芸術治療の実際 (単行本)
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=122

多摩ニュータウンの今後から
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?viewmode=thread&topic_id=15&forum=6&post_id=70#70

本町2丁目のその後 他
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?viewmode=thread&topic_id=9&forum=1&post_id=100#100

http://www.next-city.com/main/modules/about/index.php?id=1

http://www.keidanren.or.jp/japanese/speech/20071011.html
 深大寺の池にせり出す木造の店、手打ちそばをすすり、池の亀を眺めつつ考えたことです。

⇒首相官邸へ
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

⇒福田康夫
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%A4%AB

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/1018c.html

犬と鬼―知られざる日本の肖像 (単行本
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=35

日本改造計画 (ハードカバー)
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=49

⇒平成19年10月1日、福田総理所信表明演説
http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaphoto/2007/10/01syosin.html

⇒文部科学大臣
http://www.kantei.go.jp/jp/hukudadaijin/070926/06tokai.html

⇒電子政府の総合窓口
http://www.e-gov.go.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⇒福田内閣メルマガ(第4号 2007/11/01)より

[私の住むまち]

● トキ野生復帰に向けて(新潟県佐渡市長 高野宏一郎)

 日本海の中央にぽっかりと浮かんだ佐渡島。海に隔てられ、沖縄に次ぐ面
積の島に6万7千人が住み、古くから配流の地として知られています。近世
には佐渡金山が発見され、それらが残した文化伝統芸能で賑わう島です。

 そして自慢は自然環境。最後までトキを育んだ佐渡は来年トキの野生放鳥
を迎えますが、トキをシンボルに「美しく、環境にやさしい島づくり」に向
けて、大車輪です。

 海岸の漂着ゴミを拾い尽くし、山野の不法投棄、道路のポイ捨てを根絶す
るためにボランティアは毎日頑張っています。

 今年の4月からは日本で初めて、地域ぐるみで、レジ袋有料化を実現しま
した。当初は戸惑っていた島民も今は率先して買い物袋を持つようになりま
した。温暖化阻止のために、地域の浴場は間伐材のチップを燃やすボイラー
に取替えました。

 近い将来、電気もバイオ発電や低温度地熱発電に置き換え、電気自動車を
走らせたいのです。現在トキは106羽、自然に戻ったトキが安心して住め
る、トキと共生できる島を目指しています。そしてそのような社会が、人類
の未来を救うと信じて、努力を続けているところです。

※ 写真を見る
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/1101e.html

※ 執筆者の紹介
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/takano.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然の生態と雑木林
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?viewmode=thread&topic_id=31&forum=1&post_id=136#136
トキは死んだほうがいい
http://www.youtube.com/watch?v=oJQUHJlth5Y&feature=related

⇒経過
http://www.next-city.com/main/modules/d3forum/index.php?topic_id=15&post_id=64&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=6#forumpost64

http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap071011.html
投票数:230 平均点:4.09
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project