■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

耐震偽装事件対策などから

このトピックの投稿一覧へ

質問 耐震偽装事件対策などから

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-2-28 12:51
亀井天元  長老   投稿数: 347 オンライン
 建築基準法の改正により、建築確認審査期間が、21日から35日に最大70日まで延長可となる。木造で高さ13メートル超、軒の高さ9メートルを超えるもの、RC造で20メートル超えるものが適判と呼ぶピアチェックを受ける。工事段階の設計変更で極めて軽微なものしか設計変更は認められず、変更した場合には再度適判にかけなければならない。そのため工事が大幅に遅れる可能性もあり、未だ官民の意見が対立しているようである。当然、確認申請手数料、設計費用、工事費用にも跳ね返りが生ずる。国交省の検討委員会はまだ終わっていないが、6月25日頃からの実施は決定している。これまでの改正前後の扱いから判断すると、実施より前に確認を受けて着工済みの物件は、適判にかからないものと思われる。
 引き続き、建築士法改正、設計業務報酬告示1206号の改訂、その他議員立法化などによる新法の検討が進んでいると言われているが。・・・

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=106

http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=14&post_id=39&order=0&viewmode=thread&pid=0&forum=1#forumpost39
投票数:218 平均点:3.67

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project