■ メインメニュー
■ 携帯サイト
未来都市フォーラム/東京
■ ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Re: 「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」始動

このトピックの投稿一覧へ

質問 Re: 「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」始動

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-2-12 13:36 | 最終変更
ゲスト    投稿数: 0
http://www.nhk.or.jp/datamap/images/02/09earthlights-l.jpg
温暖化の影響により、たとえば海面が今後どのくらい上昇するのかということについて、さまざまな数字が示されております。NHKの地球データマップでは、100年後に88cmとしておりますが、すでにベネチアのように危機に直面する千年都市もあるわけで、http://www.youtube.com/watch?v=rbeunUDAUuI&feature=PlayList&p=C8A4FC169B43271D&index=6
一刻の猶予もありません。いずれにせよ、産業革命以降の、人類による膨大なCO2発生が、地球温暖化?による、人類を含む地球の生態系に危機を招いたことは明白です。特に都市における建設CO2の発生は、都市全体の発生CO2に占める割合が群を抜いております。そして過去70万年の地球上のCO2に比べ、現在の量は極めて異常なまでに増加してしまっているのです。したがって、差し迫って私たちが新都市の未来建設において考えなければならないことは、
http://takedanet.com/2010/02/post_3aee.html
http://www.youtube.com/watch?v=O5uyuwt2eZY

‥粥▲灰鵐リート、ガラスなど、多大のCO2発生の上に成り立つ建築材料をふんだんに使った既存建物(都市ストック)を簡単に解体しないで有効に扱い、新たな建設CO2発生を最小限に抑えること。このことに向けた新たな基準づくりを早急に行う。あわせてバイオマス資源としての木材の活用(資源の循環を促すための運動)を促進(木造建築や無垢木材の使用、バイオエタノールの利用、木材の燃料としての活用)する。

⇒参考
http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=9

http://www.next-city.com/main/modules/bwiki/index.php?%B7%FA%C3%DB%A4%CE%BC%AB%CD%B3%C5%D9%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6

地域で大切にされてきた貴重な都市の緑を保全し、地域コミュニティーが管理運営に当たるような、新たな都市緑地の拡大を促進し、雨水の自然浸透を促す。

⇒参考
http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=4&forum=1&post_id=13#13

http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=4&post_id=104#forumpost104

今後の人口減少にあっても、都市の安全安心な環境が保全され、一定の街の活力が維持されるように都市をデザインする。

⇒参考
http://www.next-city.com/main/modules/bulletin/article.php?storyid=11

http://www.next-city.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=15&forum=6&post_id=70#70

以上のようなことがあろうかと思います。
未来を担う子供達を、
安心して生み育てる事のできる環境とする為に、
漫然とこれまでと同じことをしている訳にはいかないのです。
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=124

参考⇒NHK地球データマップ( http://www.nhk.or.jp/datamap )⇒ばんぐみ⇒第2回温暖化する地球 

ここで地球からちょっと宇宙(ビックバンより140億年と考えられている)に(新太陽系図2007 日本学術会議より)目を向けてみましょう。
私たちはつい最近まで太陽系の惑星は9つと教えられてきたわけですが、昨年の夏これが8つに改められました。

冥王星は、新しい天体グループ「太陽系外縁天体」の代表となったのです。冥王星は1930年の発見当時は地球よりもかなり大きいと思われていました。とこらが実は地球の月よりも小さかったのです。さらに、1992年以降、冥王星に似た軌道を持つ天体が1000個以上発見されたのです。その後、このグループに、冥王星よりも大きいと推定される天体も発見され、公転軌道の分布などからも、冥王星がこれら一群の天体「太陽系外縁天体」の一員であることが明白になりました。

と言うことで、地球の外に目を向けるとまだまだ広がる太陽系の姿が見えてきます。

太陽系外縁天体には、その軌道が冥王星軌道のはるか外側まで広がっているものもあり、今後もたくさん見つかると予想されます。海王星軌道直径(100天文単位)の1000倍以上の広大な領域にも多数の天体があり、太陽系を雲のように囲んでいるのではないかと考えられています(オールト雲)。太陽系外縁天体の広がりはオールト雲まで続いている可能性もあり、その外は、さらに広大な、他の恒星や恒星間空間の世界となります。1000000天文単位のスケールになると、太陽にもっとも近い恒星「アルファ・ケンタウリ」(太陽から約4.4 光年)が視野に入ってきます。そして私たちが住む太陽系を含む銀河系宇宙は、100000光年の幅の中にちりばめられているのです。

1天文単位(AU)は、地球−太陽間の距離(約1億5千万km)
1光年は、光が1年間に進む距離(約9兆5千億km)
http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=120

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9%E5%BA%A7%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E6%98%9F

http://www.next-city.com/main/modules/bwiki/

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=61

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=66

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=78

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%A7%98%E6%80%9D%E6%83%B3

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%A7%98%E5%AD%A6

http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=62

参考⇒

冥王星の外側の惑星の探索

シュメール神話

天界の戦闘

太陽系の生成

ティアマトとニビルの激突

「7」と「12」の概念

惑星Xの探索

ニビルが地球に接近したら

アヌンナキの到来

黄金探し

http://chiba.cool.ne.jp/mutyo/planet/nibiru.html

⇒星を見る・宇宙を知る・天文を楽しむ
http://www.astroarts.co.jp/index-j.html
⇒宇宙天気予報
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/spw/

地球の変化は、太陽系全体が銀河系全体の変化の中で周期的に起こる 宇宙的進化とも考えられ、私たちの人体も宇宙の変化に影響を受けているのです。 http://www.next-city.com/main/modules/amaxoop2/article.php?lid=117

具体の異変としては、インフルエンザ状の徴候、呼吸障害、免疫力低下、全身疲労、鼻水・鼻づまり、筋力の衰え、軽い記憶喪失などがある。 http://takedanet.com/2010/02/post_1374.html
http://www.youtube.com/watch?v=O5uyuwt2eZY

対処法としては、十分な休養。ハーブ療法、泥浴など。執着心を捨て身軽になること。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?free=%91%E5%8C%92%8DN%97%CD&vague_search=1&x=9&y=6
投票数:243 平均点:4.53

投稿ツリー

  条件検索へ


■ スポンサー
■ twitter
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project