亀井天元

略歴
幼少より絵と美術全般を学ぶ
東京都立青山高校1974年3月卒業
芝浦工業大学建築工学科1979年3月卒業
亀井天元アトリエ+絵画 始める(96年より都・教育庁・生涯学習として活動)
社団法人 日本建築家協会正会員 建築家・画家

1979年4月〜1982年3月 日新設計株式会社設計部にて学校・体育館・プール施設等の設計に携わる他、東京都杉並清掃工場工場棟・管理棟・煙突の大規模施設の常駐工事監理に携わる。
1982年4月より 豊島区建築課に勤務。
2001年3月より シダックスコミュニティー講師(絵画・JIACPDプロバイダー)
2002年 芝浦工業大学第3回相田武文記念賞受賞
高齢者ケアハウスやアトリエ付き住宅のデザインのほか、豊島区における旧中山道のまちづくりへの試みが評価される。
1998年 住と建築5月号(VOL453)論文掲載、社団法人全日本建築士会刊、ヘルスケアデザインから考えた庭
2004年 建築家のメモ、メモが語る100人の建築術(監修・著作者代表)丸善株式会社出版
2014年4月〜 豊島区地域まちづくり課。
JIA建築交流部会副部会長などとして、建築都市まちづくりに貢献する。
NE(X)T-CITY世話人。
いさなのブログ:新都市未来研究所
建築/絵画の物語性を大切にしている。

代表作品 竹岡健康学園寄宿舎及び体育館 染井まちづくりセンター 高齢者ケアハウス(菊かおる園) 清野邸
水彩色鉛筆画;秋のサクラ

水彩色鉛筆画;秋のサクラ

パッシブ熱循環(クリックで拡大します)

(C) tengen kamei