トップ画像

ロゴ

2017年度 活動報告

1)定例部会

平成29年 1月26日 第10回定例部会・スコラセミナー
1月27日 第1回臨時部会・JIA東北(前田氏)交流会
2月16日 第11回定例部会・スコラセミナー
3月23日 第12回定例部会(見学会後、上田氏自宅にて開催)
4月20日 総会、第1回定例部会
5月18日 第2回定例部会
6月22日 第3回定例部会
7月20日 第4回定例部会
8月24日 第5回定例部会・スコラセミナー
9月21日 第6回定例部会
10月19日 第7回定例部会
11月16日 第8回定例部会・スコラ(談話会)
12月21日 第9回定例部会・スコラ(写真会)(忘年会)
平成30年 1月25日 第10回定例部会
2月28日 第11回定例部会・近代洋風建築研究会
3月14日 第12回定例部会

2)見学会等

平成29年 3月23日 世田谷区役所見学会
4月12日 世田谷区役所見学会
6月11日 時を経て輝きつづける建築の記憶
~弘前に前川國男建築を訪ねる~
(前川建築・近代建築・黒石ホルプ館)
8月19日まち歩き(豊島区))
9月14日建築セミナー・「高橋真氏に聞く」
9月20日 近代洋風建築研究会(第1回)
・迎賓館の歴史について:小倉弘安氏
10月25日 近代洋風建築研研究会(第2回)
・迎賓館赤坂離宮の建築:島津 護氏
・近世ヨーロッパの宮殿と貴族住宅のプラン:
工学院大学教授 中島智章氏)
11月22日近代洋風建築研究会(第3回)
・古代装束について:杉山恵美氏
・迎賓館赤坂離宮の家具・備品から見た設え:梅田順司氏)
11月23~26日建築見学旅行(倉敷・岡山・高梁・直島)
平成30年 1月24日 近代洋風建築研究会(第4回) ・
迎賓館赤坂離宮改修工事の実際(現場から):荒木重俊氏
・迎賓館赤坂離宮の建設と居住を巡るエピソード:永瀬一郎氏
1月31日 建築セミナー
・明治村の近代洋風建築を訪ねて(観音克平)
・明治村に保管された迎賓館の家具調度(小倉弘安)
・七宝のできるまで(島津 護)
2月28日 近代洋風建築研究会(第5回)
第一部:15:15~16:45
荒木重俊「赤坂迎賓館の改修に携わって」改修設計(村野藤吾)の施工図や施工写真で、改修工事の実際(装飾の復元など)をヴィヴィッドに説明します。
第二部:17:00~18:45
平田悦雄「赤坂迎賓館の施設管理に携って」内閣府職員として、迎賓舘に勤務した経験を踏まえ、門外不出の資料、秘蔵写真を中心に、迎賓館の深奥に迫ります。
第三部:19:00~20:00
質疑応答、情報交換会(ポットラック形式)参加者(建築家、迎賓館ボランティア説明員、一般市民)の質問に答え、また、説明員の独自情報の交換を、グラス片手にパーティ形式(ワイン、日本酒、珍味、軽食)で行います。誰でも大歓迎のざっくばらんで気軽、かつ充実したパーティです。迎賓館を中心に、近代建築の保存改修の話題で盛り上がります。
3月28日 近代洋風建築研究会(第6回)
第一部『 赤坂離宮 数え唄考 』
講師:森 徹(赤坂離宮友の会、元鹿島建設 建築設計本部勤務)
迎賓館赤坂離宮における西洋と東洋の融合と衝突、 その魅力と特色を、自作の数え唄の順にひも解きます。
第二部「赤坂仮皇居御会食所と明治宮殿」
講師:山崎鯛介 准教授(東京工業大学)
「明治天皇のダイニングホール」に関する話を中心に

■見学会~世田谷区民会館・第一庁舎・世田谷郷土資料館(6月)

時を経て輝きつづける建築の記憶~前川建築を訪ねる近代建築ツアー
~世田谷区民会館・第一庁舎・世田谷郷土資料館
日時 6/11(日)13:30~15:30
集合:世田谷区役所中庭(世田谷線松陰神社前駅・徒歩約5分)
参加費:100円(資料代)

2017042706pic_500.jpg


■見学会~世田谷区民会館・第一庁舎・世田谷郷土資料館(4月)

4月12日(水)、「時を経て輝きつづける 建築の記憶」~前川建築を訪ねる近代建築ツアーと題し、世田谷区民会館・第一庁舎・世田谷郷土資料館の見学会を開催いたします。

■見学会~世田谷区民会館・第一庁舎・世田谷郷土資料館(3月)

時を経て輝きつづける建築の記憶~前川建築を訪ねる近代建築ツアー
~世田谷区民会館・第一庁舎・世田谷郷土資料館

部会定例会で話題に上っている
世田谷区役所庁舎建設問題について関連した
見学会のご案内です。

昨日世田谷区議会の特別委員会を傍聴してきましたが、
区庁舎整備は着々と進んでいるようです。
区役所ツアーですが、
区民の方の都合と、郷土資料館の集会室が使える日と
言うことで、以下のように決まりました。

第2回3/23(木)13:30~
第3回4/12(水)13:30~

集合:13:30に世田谷区役所中庭

細かな点で変更があるかもしれませんが、時間場所については
下記(ハガキサイズ)の案内のとおりです。
よろしくお願いいたします。

ハガキ


▲ Top